Bleed out
昨日、関東地方の一部では洪水がおこるほどの大雨であったようです。

外出しようとして傘を持っていこうとしたんですよ。
春先に新しく購入した傘を取ろうとして、柄に手を伸ばしたところ、ネチャーっと不快な触感!
皆さんも経験がありませんか? 
夏場に暑い日が続いたときなんかに、ゴム製品がベチャベチャになって粘着してしまうような現象。

あれって、ゴムが溶けていると勘違いしている方がたまにいますけれど、一般的なゴムは熱で溶けません。
ゴムって物質は非常に安定な化学製品で、有機溶剤でも溶けるものは少ないです。
ちなみに私、大学は化学系で、ゴム複合材の研究をしておりましたので、そこそこ知識があります(^^)

ゴムは性能を調整するために、いろいろな添加物が配合されています。
柔らかくして成形しやすくなるための「可塑剤」なんかもその一つで、オイルのようなものが配合されます。
性能を上げるために配合されるものなんですが、いかんせん異質のものを混ぜるわけで、放置しておいたら、その可塑剤がどんどん表面に浮き出してくるんですね。

その現象を、ブリードといいます。
特に温度が上がるとブリードが顕著になり、表面が溶けた様なベチャベチャになっちゃう場合があるんですね。
国産の性能のいいゴムの場合はブリードを抑える処置がされているのですが、中国産などの廉価なゴムの場合性能の悪いゴムを使っていて、ブリードがひどい場合があるみたいです。
安物買っちゃったかな・・・・

異質のものは完全に混ざり合うことはなくて、時間はかかるかもしれませんが、いずれ分離するものです。
ここからは科学的根拠はありませんが、ベンゾジアゼピンも人体にとっては完全に相溶するものではなく、異質なものと思うんです。
ゴムとは違って、途中代謝されて分解されるものでもありますが、お風呂に入って温度を上げるとかすることで、体外に排出される速度が上がる条件がわかれば、現在断薬されている方にとって朗報なんだろうななんてことを考えてました。

さて、先週の東北旅行で体調を崩し、そこから急回復して以来、好調が続いています。
それでも昨日は、先週ほどの状態ではないにしろ、少し重いような倦怠感を感じました。

先週は東北に大雨をもたらすような気候でしたし、昨日は近くで集中豪雨でした。
また遠くのほうで台風5号が暴れているようです。

先週のブログでは温泉に入ることがトリガーになると考えていると書きましたが、天候や台風も関係しているかの知れませんね。
ただ、このところ睡眠も安定しているし、不調になってもリカバリーが速いために、それほど苦になっていません。

一種の安定なのかもしれません。
スポンサーサイト

Comment 2

ラウラウ

こんにちは。

比較的、体調は安定しているそうで良かったです。
私もようやく安定してきました。
天候と自律神経は関係しているので、気圧の変化や気温の変化は離脱症状を抱える我々には常人以上に影響があると思います。

暑い日はまだまだ続きますが、体調管理には気を付けましょう!

2017/08/02(Wed) 18:29

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> ラウラウ さん

こんにちは。

自律神経が天候などのストレスに影響されることはずいぶん前から気が付いていましたが、
どうすれば悪影響を回避できるのか、改善するのかは明確ではありません。
マニュアル化できるのであれば簡単なのでしょうが、それができないから皆さん悩んでいるということなんでしょうね。

2017/08/02(Wed) 20:30

Edit | Reply | 

What's new?