FC2ブログ
Join us !
私と同じように、辛い思いをしながら、ベンゾジアゼピンのような精神薬を止めようとされている方は多くおられます。
そのほとんどが、医者からは勘違いだと見捨てられ、誰に相談することもできずに心細い思いをされています。

情報が少ない中、同じような立場の方の体験談を聞きたいというのは誰でも望むことでしょう。
私も調べて、ナルコティクス・アノニマスという、薬物依存の方が集まって、お互いがクリーンでいられるように手助けしあう自助会に参加したことがあります。

この会は多くの都市に事務所があって、参加するハードルも低いのですが、いかんせん「覚せい剤」依存の方がほとんどでした。
そのため、どうもちょっとした違和感を感じて、ほとんど参加ができませんでした。

そんななか、処方薬・市販薬と言った、違法薬物ではない普通のお薬で生じる依存性で苦しむ方を対象にした自助会を立ち上げて、仲間のために集まれる場所を提供されている方々がいます。
私が存じ上げるのは、MDAA東京という団体で、リッチーさんという方が代表をされています。
ご自身にもまだ症状があるなか、会を運営されるのは大変なことだと、頭が下がる思いです。

そのリッチーさんのお仲間の小太郎さんといわれる方が、新たに東京の町田で、同様の自助会を立ち上げられたということで、ここでご紹介したいと思います。

  MDAA 東京町田

もちろん病気の症状や、服薬の種類など同じものなど一つもあらず、
情報が役に立つかはわかりませんし、考え方にしても押し付けられるものではありません。
でも、同じように頑張っている仲間がいるだけで、自分も頑張らなきゃと励まされることが、こういった自助会の一番の目的なんだと思います。

断薬で重要なことは、一方的に何かに頼る(=依存する)ことなく、自ら決心し、
不安もあるでしょうが、同様に苦しみながらも回復していく未来を共有し、希望を持ってめげずに進むことです。

お近くにお住まいで、心が折れそうな方、
おられましたら、軽い気持ちで参加されてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?