FC2ブログ
Fantasy
TVドラマに興味のない方には、全く面白くない話です。

今クールのドラマに、「東京タラレバ娘」というドラマがあって、そこそこ視聴率を稼いでいるそうです。
歳のせいか、恋愛ドラマには興味がもてなくなったのですが、最近の恋愛ドラマは人気漫画などをベースにしているものが多く、コメディがベースであったりしますので、今のところは私も何とか観ています。

このドラマも人気漫画原作ということ。
あらすじは、結婚しない(できない)、相手もいないアラサーの3人組が、何かあるたびに女子会を開いて愚痴を言い合います。
そこで何の根拠もない妄想を膨らませて、お互いを慰め合うのです。

「あの時告白された男と付き合っていたら、今頃結婚してたわよ、だからこれからもきっとチャンスはあるわよ」
        とか
「私だって本気出して、ばっちりメイクすれば、いくらでも男なんて寄ってくるわよ」
   てな感じです。

それなのに、アラサーと言うだけで、出会い居酒屋では男性に敬遠され、昔ふった男とヨリを戻そうとしても、今度は断られるといったことが、厳しい現実なわけです。
アラサー女性が、このドラマを観て、「痛すぎる」とネットでつぶやいているとかいないとか(^^;

面白い記事がネットにあがってました。
前クールの人気ドラマで、「恋ダンス」なども話題になった、「逃げるは恥だが役に立つ」があったのですが・・・

主人公の伯母で、「ゆりちゃん」という脇役の恋愛ストーリーが主線とは別に展開して、それが結構の話題になっていました。
「ゆりちゃん」はアラフィフの独身で、仕事はできるが処女のままここまで来てしまったという設定、その「ゆりちゃん」に30代半ばのイケメンが恋をして、最後は結ばれるというストーリーで、
「歳に関係なく幸せな恋愛ができるんだ、歳をとることの呪いから解放された」と、もえーっとする人が多かったそうです。

「ゆりちゃんが解いた呪縛を、東京タラレバ娘でまた呪いにかけられた」と書かれた記事を見て、思わず笑ってしまいました。
逆に考えて、「仕事はできるが、50歳で独身で童貞」の男がいるとして、30代の美人の女性が惚れると思いますか?
まあ皆無とは言いませんが、かなり特殊なケースで、普通は「きもー」で終わってしまうんじゃないでしょうか?

あり得ない話だから、「もえ~」っとするのであって、ファンタジーなわけですよね。
ファンタジーを楽しむのはいいのでしょうが、心の拠り所にしてはいけないというのが、その記事の内容でしたが、なかなか面白かったです。

タラレバ言ってないで、現実を見なきゃいけないってことですね。
恋愛の話だけではなく・・・

「病気にならなかったら、今頃出世して・・・」だとか、
ベンゾジアゼピン飲んでなければ、こんなに苦しむこともなかったのに・・・」だとか。

今の状態が現実ですし、
現実に不満があるなら、タラレバ言ってないで、自分がどう変わっていくか、工夫するか考えろってことですね。

ああ、痛い、痛い・・・
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?