FC2ブログ
Weekend ski
一転して寒い週末になりました。

やっと冬らしくなってきたようにも思います。
関東周辺のスキー場が、昨日あたりからオープンしはじめています。
それほど夢中というわけではないのですが、友人に誘われて、諏訪湖の近くのスキー場のシーズンオープンに出かけました。

寒くなったとはいえ、関東近郊ですから・・・
まだまだ、人工降雪に頼っているような状態で、積雪も少なく、まだまだ草が見えるような状態で、リフトも1本しか動いていません。
それでも足慣らしですし、久しぶりの滑走を楽しむことができました。

ブランシェ高山

ブログにも書いていましたが、実はこのところまた少し、体調を崩し気味でした。
どうも背中やわき腹がうずくような感じがあり、日中はそれほどでもないのですが、寝ている時、そして早朝起きる時にかなり辛い思いをしていました。

スキーに行く二日前は、良く寝られず1時間おきに目が覚め、前日には辛いので、鍼を打ちに行くような状態で・・・
妻からも、「そんな状態で滑りに行くの?」って心配される始末です。

けれども、何度も体験して、ここにも書いてきたことですが、少々辛くても、無理して身体を動かした方が調子は上向く。
今回も同じことになりました。

DeNAのWELQの一件以来、ネット上の医療情報には真実がないとか、言いっぱなしで根拠がないとか、言われています。
私のブログだってもちろん裏付けの取材をしているわけでも、研究をしているわけでもなく、自分の経験を書いているだけですから、個人的な思いこみであることも多いんでしょうけれど、
それでも、運動が精神疾患に良いことは、論文等でも真実として認められていること。

普段の生活で少し良くなってきたり、忙しくなってきたりすると、面倒くさくなったり、怠くなったりという理由でサボりがちになるのですが、今回のことでやはり無理してでも定期的に運動しなきゃなと、再認識しました。
しかも経験上、ウォーキング程度の軽い運動では効果は薄く、やや筋肉痛が起こる程度の運動が好ましいようです。

私が辛い離脱症状から一段階抜け出すきっかけとなったのが、ヨガを始めたからということは間違いない事実です。
断薬にあたり、そのテクニックや方法論に走るよりも、確実に効果が見込めますよ。

あ、筋肉痛うんぬんは私の主観ですから、決して無理されませんように。
眩暈とかがある場合は、転倒などのリスクがありますからね。
スポンサーサイト



Comment 2

yokoblueplanet

知り合いの体験談ですが。。。

こんばんは。
これは昔会社を経営されていた知り合いのお話ですが、仕事の重圧で一時鬱になったことがあるそうです。
その時は、体がヘトヘトになるまでジョギングをすることで、鬱から脱したと話されていました。
汗をかくほどの運動は、脳内の化学物質の状態にも影響を及ぼすでしょうから、精神的に変化が出ることは予想できます。
人それぞれに状況が違いますので、一概にどうこうは云えないと思いますが、通常でも体を動かさないと血流もホルモン類も動きが悪くなりますから、適度な運動は心身の健康には+であると思ってます。
お大事に!

2016/12/12(Mon) 14:30

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: 知り合いの体験談ですが。。。

> yokoblueplanet さん

こんにちは。
ありがとうございます。

身体を動かすことで、鬱が悪化したなんて話は聞いたことがありませんからね。
医療の情報は、「当てはまることもあるが人それぞれ」ということがほとんどでしょうが、運動に関しては万人に効果があるかもしれません。

運動することで汗をかくことは、自律神経を強制的に動かすということでしょう。
もともと自律神経が切り替わらないことで生じる身体症状が多いですから、正常にもどしてくれるんでしょうね。

2016/12/12(Mon) 20:43

Edit | Reply | 

What's new?