FC2ブログ
Six month period
「季節性のもの」といえば、毎年その時期に高確率で発生するもの(こと)という定義でよろしいかと思いますが、
私にも、その時期に高確率で体調が悪くなるという、季節性の症状があるのではないかと思っています。

詳細は半年前の記録ブログ(Anomary)に詳しく書いています。
毎年7月20日前後と1月20日前後の半年に一回、パニック障害寸前の症状に見舞われております。
こじつけと言われるかもしれませんが、3年以上連続ですから、あながち間違いでもないのかなと思っています。
根拠はないので、アノマリーなんですけれど。

最近、それほど酷い症状やパニック障害に陥っていなかったので忘れていましたが、今年も7月20日を迎えていたんですね。
今年はアノマリーがなかったのかなあ?と考えていたら・・・
そういえば、先々週の7月16日に「前触れもなく頸がギクっときて、頭がのぼせ上がるような不調が出て、鍼に行った」んでしたっけ。
これがアノマリーだったのかな?

まあ、まだこの先に、ドーンとキツイのがあるかもしれませんが、
もしこれで済んだとしたら、今年は軽くてラッキーだったかな?
それとも、回復してきていて、症状が年々軽くなってきているとしたら、もっと嬉しいんですけれど。

何度もブログに書いて、お勧めしていることですが、
こうやって記録を残すことで、客観的に症状が軽くなっているのか重くなっているのか、把握することができます。

現在のことばかり気にしていると、やはり症状が辛いので、「全然良くなってないじゃん・・・」と落ち込んでしまいがちですが、
冷静に見たら良くなっている、前進しているということがわかると、減断薬を進める上でも励みになりますよ。
再度、お勧めです。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?