FC2ブログ
Expense account
私の不調の原因は、頸のコリだと常々言っていますが、
その原因の何割かは、20年以上前に被害にあった交通事故にあることは間違いないでしょう。
今考えても腹が立つ・・・あの、長野のアル○コバス!!!

今さら何を言ってもなかったことにはなりませんし、なかったから不調がなかったかどうかは検証のしようがありません。
普段は痛みがあるわけではないですし、治まっているうちは問題がないのですが・・・

昨日、昼飯を食べていたら、いきなり頸椎(いつも痛いと言っている頭との付け根ではなく背中の部分)にズキンとした痛み。
例えてみたら、ぎっくり腰のような痛みが頸に来た感じです。

あ、やっちゃったな・・と思ったんですが、急に動かしたわけでも無し、防ぎようもありません。
何が原因かはわかりませんが、ごくたまに昔痛めた弱いところに異常が来るのでしょう。

昨日は上を向くことさえできないくらい痛かったのですが、今朝起きてみたら痛みは少しマシになっていました。
ただし頸が痛いと、痛みが起きないように頭を支えようとするので、元々の疾患以外のところに力が入っちゃうんでしょうね。
事故によるむち打ちの個所は、腰椎の5番目6番目といった背中に近いところなんですけれど、
そこをかばうようにすると、いつも私が「コリが辛い」と訴えている、後頭下筋群あたりにさらに力が入ったようで、
また頭がのぼせ上がるような不調が出てきました。

まあ、いつもよりも酷くなかったので我慢しようかとも思ったのですが・・・
むち打ちの痛みもありましたので、念のためにと鍼を打ってもらってきたら随分と楽になりました。

私は、現在、精神科といったメンタル関係の治療は全く受けていませんのでその医療費はかかっていません。
しかし頸の定期的なケアということで、毎週1回、カイロプラクティックに通っています。

民間療法ですので保険が効かず、それでも私の症状には有効なので、やめるわけにもいかず、
その費用だけで1回7000円程度かかっています。

それだけでも結構な出費ですから、そのうえ鍼に行くとなると・・・
鍼も1回6000円程度かかるんですよね。
カイロと鍼の両方に行くと週に13000円、だから辛くても、やはり行く前に躊躇してしまいます
決して生活費に余裕があるわけではありませんから。

けれどね、こうやって鍼を打ってもらって楽になった後になると、いつも思うんですよ。
辛いんだったら、我慢しないで行くようにしようって。

ましてや、復職して、休日が終わったら仕事をしなければならないわけで、そのメンテナンスをしなければならない、
そして休んでいる時よりも、もちろんお給料も余分にいただいています。
そう考えたら、節約もいいですが、この出費は「必要経費」であり、ケチらなきゃいけない性格のものではないんだって。

古傷の痛み、症状は一生続き、そのメンテナンスもずっと必要なのかと思うと気が重いですが、
少なくとも楽になる方法があるということは幸せなことですし、それは私の生きるための必要経費ってことなんでしょうね。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?