FC2ブログ
Environmental adaption
職場異動から2週間、ほんの少しかもしれませんが、慣れてきたように思います。

新しい環境でのストレスに対して、一番初めにあらわれた身体症状は、やはり頸のコリと痛みでした。
最近はあまり感じなくなっていたんですが、やはり弱いところに影響するんですね。

まだコリと痛みは感じていますが、夜の休息と休日で何とかリカバリーできるようなレベルになったんじゃないかな?
今日は仕事終わりにスーパー銭湯に寄ってきましたが、ゆっくりと温まることで昼間にあった頸の痛みが随分と取れたように思います。

精神的にも少し余裕がでてきたからでしょうか?
たぶん、肩に力を入れて緊張している時間が減っているんでしょうね。

同じ行動をしていても、力の抜きどころがわかってくるとか、余裕を持ちながらできるとか、
そういう安心した状態で生活できるということが大きいのだと思います。
こればっかりは、何が変わったというものではなく、自分自身が慣れていくしかないわけで。

まあ、他人から提供される安心ってのもありますけれどね。
新しく上司になった人が、この4月異動になった人を対象に面談してくれました。
「仕事が変わりましたが、困ったことはないですか?」とか「どうしても無理なら相談してください」とか。
まあマニュアルに沿ったものなんでしょうけれど。

辛いからと逃げていたら、いつまでも現実とは向かい合えませんし、いま与えられた場所でコツコツと成果を積み上げないと、居場所なんてできないことは理解していますから。
ここで、「辛いから仕事を変えてくれ」なんて、泣き言を言うつもりはありませんけれど。
それでもそうやって行ってもらったことで、「ああ、あまり無理して力まなくてもいいわ」って気が付けるだけでも、力は抜けますからね。

変わった直後は、「もうダメかも」「また休むかも」なんて、深刻な状態でしたが、
これまでも、少し我慢したらなんとかなったわけですから。
これからも、こうやって少しずつ慣れていけばいいなと思いました。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?