fc2ブログ
Changeover
本年度のNHKの大河ドラマの題材になっているのが、「真田幸村」です。

朝ドラと同じく、独身の時はあまり興味がなかったのですが、妻の影響でかかさず観るようになりました。
加えて、毎年のように、ゆかりの地に観光に行きます。

2013年は福島県の鶴ヶ城、2015年は群馬県庁と富岡製糸場、
そして今年の舞台は、長野県上田市、上田城です。
昨日から泊りがけで、出かけてまいりました。

上田城

上田城は天守閣は残っていませんが、人々が集う良い雰囲気の公園になっていました。
写真の通り、まだ桜には早かったですが、来週あたりお花見も楽しめそうですね。

真田幸村といえば、我々の世代はNHKで放送されていた人形劇、そのなかの「真田十勇士」が印象に残っています。
猿飛佐助とか、霧隠才蔵とかですね。
地元でもそれを意識してか、街中いたるところに十勇士の看板が。

真田幸村は決して大勢力の武将ではなかったわけですが、
こういった精鋭の僅か3000の兵で、38000もの徳川の軍勢を打ち破ったりして有名になりました。

それにしても日本人は、こういった策によって少数が多数を打ち負かすお話が大好物ですよね。
よくよく考えたら、だまし討ちをするとか、奇襲をするとか、実際のところは卑怯な手段で勝ったということなんでしょうが、
弱者が強者を倒すというストーリーが、美談として伝えられるんでしょうね。
こういうのって海外ではどうなのかな?日本独特の感情かな?

まあ真っ当に行けば、逆転できないんでしょうけれど、
私も人生の逆転をするために、卑怯な手段でも考えてみましょうかね、
いや、面倒くさいから、もういいかな・・・(^^;
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?