FC2ブログ
Dementia
認知症の男性がJRの列車にはねられ死亡した事故で、振替輸送などの費用が発生しました。
その賠償責任を遺族が負わなければならないか裁判で争われ、家族の賠償責任を認めない判決が最高裁で出されました。

現時点では家族に認知症を患う者はいませんが、
自分も含めて先のことはわからず、他人事とは思えずニュースを見ておりました。

さらに気になる俗説もあります。
ベンゾジアゼピンを長期間服用していた者は認知症を発症しやすいという報告がされています。
  睡眠薬の服用と認知症発症リスクとの関係
  Sophie Billioti de Gage氏ら、2014年9月にBMJ誌 など

全く他人事ではない・・・
私も認知症になりやすいのか・・・

なんてビクビクしていたら、これに反する学会報告が、
つい最近、2016年2月2日の、同じくBMJ誌にこんな論文が載ったそうです。

ベンゾジアゼピンは認知症リスクを上昇させない
10年間の処方量が多かった群の認知症発生率に有意差なし


長期間、1年以上ベンゾジアゼピンを服用した母集団と、服用していない母集団を10年以上追跡調査し、
認知症になった患者数をカウントしたところ、有意差がなかったという報告です。

ああ、よかった・・・と安心もあるのですが、
もう服用してしまっているんだから、今さら心配しても仕方がないことですよね。

それに、こういった問題は、ひとつ学説が出たからと言って、それが100%正しいわけではないことが常ですから。
これが正しかったとしても、まだまだわからないリスクが潜んでいることだってありますしね、
必要のない薬は飲むなと言うことだと自戒します。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?