FC2ブログ
Comfort of hometown
一昨日のブログにコメントいただいた方、ありがとうございました。
私が特別というわけではないとわかり、安心しました。
カウンセリングに過大な期待を寄せるわけではなく、いい塩梅で取り組もうと思います。

さて今年は仕事納めが早く、新春にはまだ間があるのですが、早々に実家に帰ってまいりました。

帰省状況については分散したためか、まったく道路渋滞なく、戻ってこられました。
ただ、来年のUターンについては、1月3日に集中しそうな感触で、今から心配しています。

復職してからクルマで帰省するには初めてになります。
最近のブログで書いたように、仕事の疲れを感じて体調が今一つ読めなかったため、
無理をしてまた具合が悪くなるよりも、もう少し東京でのんびりしてから帰ろうか迷ったんですけれど、

長時間の運転ではしんどい思いもしましたが、
帰ってみたら、昔から慣れ親しんだ地域の雰囲気に触れて、心穏やかにいる自分を感じて、
まあさっさと帰ってきて良かったかなと思います。

畑や田んぼや雪があるわけではないんですけれど、
東京と、神戸や大阪とでは大きく雰囲気が変わります。

テレビを見ていても、この年末の時期は特にそうなのかもしれませんが、まったく内容が違います。
関西ではローカルお笑い芸人が大勢力で、番組も主題が何であれ、表現方法の中核には「笑い」が置かれています。
表現のツボが共有化されているといいますか、注意しなくても頭に入ってくるので緊張がなく楽なんですよね。

たとえば英語で仕事しなければいけないとなると、理解できないと思って身構えますよね。
そこまではいかないまでも、東京で仕事をしたり生活をするとうことは、似たような感覚で緊張感があります。
そう考えてみると、ずっと地元で仕事ができる環境と言うのは、自分が思うよりもかなり恵まれているのかもしれませんよ。

さて、これから約1週間、緊張のほとんどない生活に戻らせていただきます。
また社会復帰が難しくならない程度の緩め方に留めておかなきゃいけないですね。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?