FC2ブログ
Sleeping quality
ここ数日で急激に肌寒くなりましたね。
不精な私も、ようやく羽毛布団を引っ張りだしてきました。
気が付いてみればもう11月です。

人により好きな季節というものは違うかもしれませんが、これから寒くなるこの季節が好きだったりします。
というのは、断薬してほぼ3年間を通じて、これから冬にかけての季節が、一番睡眠が安定することを経験上知っているからです。

しかし難しいことに、睡眠の安定や睡眠時間の多寡と、満足感は必ずしも一致しないようです。

断薬直後、むちゃくちゃだった睡眠状態は確実に改善しています。
一晩で5回6回、寝汗が酷いために起きて上着を変えて寝るという小刻み睡眠が続いていました。
それに対して最近は、多くて一度トイレに起きるくらい、睡眠時間だって5~6時間は確保できています。
どれだけ満足感が上がったんだろうと思いきや、いまだに「十分に寝られた、休息できた!」って満足感は得られませんね。
逆に出勤のために、朝無理やり起きるんで、ストレスの方が増えているかもしれません。
睡眠に関しては、ありもしない理想ばかり追い求めて、勝手に不満に思っているだけなのかも。

良く寝られた、というかたくさん寝た日と、少し満足感の低い睡眠の日と、
前者の方が調子が良いかというと、決してそうとも言い切れず、

たとえば平日は朝起きなくちゃいけないんで、睡眠時間も限られますし、起きる時のストレスも半端ないです。
しかし、最近は平日に体調を崩したり自律神経の失調に陥ったりすることは稀になりました。
まあ、疲労は感じるんですが、体調を崩すまで行かないというところでしょうか。

ところが、休日になって、「今日はゆっくりできるや」と、いつもより2,3時間余分に寝ていたら、
(それでも、昔みたいに昼まで寝ているなんてことはできなくなりましたが・・・)
逆に、そういった日の方が、頭痛が酷くなったり、頸のコリが酷くなったりすることが多いように思います。

うつ病患者に、「無理にでも朝起きなさい」と指導することは有名なことですが、
日中の活動がなりたっているのなら、無理に朝起きるということはやはり有効なんでしょう。

しかし、睡眠の欲求というのは、人間の欲求の中でも一番強いレベルの欲求でしょうから、
いいと思っていても、自分を律することはなかなか難しいです。

これからの季節、睡眠は安定してくるんでしょうが、それだけ朝も起きにくくなります。
その分、朝の葛藤も強くなるんだろうね。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?