fc2ブログ
リワーク説明会
会社から、復職のための条件として提示された、リワーク訓練。
旅行でも一日規則正しく活動でき、涼しくなって睡眠がやや安定してきた今こそ、リワーク訓練を検討できるチャンスでもあります。
リワーク訓練を利用するにあたっての説明会がありましたので、参加してきました。
(本日から、ブログのカテゴリに「リワーク」を追加します)

うつ病などで長期休職した人は、フィジカル、メンタルともに低下していると言われており、回復初期にはもちろん休養が必要なのですが、回復してきて「さあ復職」となっても、就労に耐えられる体力レベル、精神レベルには程遠いものと考えられます。
リワーク訓練とは、現在の低いレベルと就労に必要なレベルとのギャップを埋めるべく行う訓練ということになります。

メンタルクリニックなどの医療機関に併設されて実施されるものも多いですが、私が説明会を聞きに行ったのは公的機関。
高齢・障害・求職者雇用支援機構という独立行政法人が実施するものです。
「障害者」と言われたら、ちょっと抵抗ありますけれどね・・(^^;
要は企業の勤め人で、精神疾患などで休職していたが、回復してきて本人も会社も復職を希望する者を支援するということですね。

医療機関敷設のものと何が違うのかというと、内容的には大差なさそうですが、何より無料なところが大きいですね。
ただ、公的機関ということで、復職を目的とするので転職目的では受けられないとか一度利用したら二度目は受けられないとか、最大期間12週間とするとか、制約も多く設けられています。
それに個別に担当者が付いて、会社の窓口担当者と復職に向けての条件や希望などのすり合わせもしてくれます。
こういったことは医療機関敷設のものではやってくれませんでしたし、会社側からしても「本気で復職しようとしているな」と好感度は高いんじゃないでしょうか。
とはいえ、会社側が我々メンタルの休職者に対して、本当に復職してほしいと考えているかどうかは微妙でしょうが・・

今日の説明会だけでも、数人の方が説明を聞きに来られていました。
実際のリワーク訓練には、毎回20人程度が参加されているようです。

3週間の体験コースが設けられており、そこで本コースに進めるかどうかを判断し、それから12週間の本コースを実施します。
まあ、やることと言えば、他人とディスカッションしたり共働するとか、新聞を読んで要約するとか、簡単なことで、作業の内容で落ちこぼれることはないでしょうが・・
睡眠も安定させて、遅刻などせずしっかりと生活リズムを整えることが、まず大きなハードルですよね。
情けないけれど、そこがまだ自信がなく、中止させられるリスクはないとは言えませんね。

まあ、心配と言って躊躇していたら、何も進まないわけで・・
ここ数日で体調が急変しなければ、予定通り、参加する方向で進めてみようと思います。
ただ、お役所仕事なんで、「明日から」と言うわけにもいかず、最短でも12月開始になりそうです。

さあ、いよいよ!
気も引き締まります。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?