FC2ブログ
常識を疑え
いよいよ明後日からクルーズに出かけます。
楽しみですが、北海道の一部地域では天候が怪しく、少し心配です。

船内では、ネットは電波が届かない可能性が高く、高額で遅い衛星インターネット回線を使用するまでもないので、
夕方以降はネット難民になる予定です。
従いまして、皆様のブログにお邪魔するのは、1週間ばかり間が空きそうです。
私のブログの更新は、携帯から短文で、写真を交えて日に複数回(観光地ごとにね)行うつもりでいますので、もしご興味をお持ちでしたら、そちらの方も見てやってください。

さて、昨晩は普段と違い、夜中になんとなくテレビを見ておりましたら、TBSで「ニュースの巨人」という番組が面白くて見入ってしまいました。
夏井睦先生という形成外科の医師で、傷ややけどの治療に対して、これまでと全く考え方の違う「湿潤療法」という治療法を提唱し、結果を出していることを紹介していました。
著作権法違反になるでしょうから、ここではリンクを示しませんが、ゆうつべにあります。

昔から、先生曰く150年前から、傷の治療方法というのは変わっていなかったわけです。
まず傷口を消毒液で消毒し、ガーゼなどで保護して、乾燥するのを待ち、瘡蓋にして治すというモノです。
しかし、消毒液で傷にある細菌は死なず、細胞だけが破壊されるということがわかってきたそうです。
そして、傷口は乾燥させて瘡蓋にするのではなく、ジュクジュク(湿潤)の状態でサランラップのようなもので蓋をする。
要はこのジュクジュクは人間が傷を治そうと、体内から分泌する自然治癒力のクスリであり、これを乾燥なんてさせていたから、余計に傷の治りが遅かったり、痕が残ったりしているのだと。
ほら、商標名ですが「キズパワーパッド」ってありますよね。
あれの開発には、この先生がかかわっているそうです。

バンドエイド キズパワーパッド 大きめサイズ 12枚入 (商品内訳:単品1個)バンドエイド キズパワーパッド 大きめサイズ 12枚入 (商品内訳:単品1個)
()
DLG

商品詳細を見る


昔からの常識と全く正反対なので、夏井先生はずいぶんと異端視されて迫害されたそうです。
しかし、常識と言われたルーチーンを疑い、自ら研鑽して治療成果を上げていきます。

先生曰く、「治療法を守るのではない、患者を守るのだ」。
確かに学校で習った通りに、疑いもなく患者に対応していたら、楽なことは間違いないでしょう。
しかし、本質をとらえ、誇りを持ったこういう医師が増えてきたら、医療はもっと変わると思いませんか?
医師が医術を駆使して人を助ける専門職だとすれば、多くの医師、特に精神科医、心療内科医はこの姿勢を見習ってもらいたいものです。

番組の最後の方になって、「良い医者と悪い医者の見分け方は?」ってのをやっていました。
  「『手術』、その一言、そんな医者が良い治療をするはずがありません」
なぜそうするか、どうやって治すか、治療の方針も考え方も示さずに、患者との信頼関係が築けるはずがありません。
夏井先生は、このやけどがなぜ痕もなく治るのか、それまで治療した300もの治療例をデータベースで示して説明されるそうです。

はたしてどうやって治すかと言った設計図も描かず、その病名に適応したと言われっている(以前から常識として示されている)クスリを出すだけのことしかしない。
そんな医者を信頼することも、尊敬することも無理だ。

こういった異端医師をみて、多くの医者は敵対の目を向け、出鱈目だと攻撃するのであろうが、
仰っていることが、いちいち正論で、いい加減疑うことを知らない庶民でも、おかしいぞと感じ始めたのではないだろうか?
多くの医者は自らのミッションを振り返って、真摯に考え方を、行動を改めてもらいたい。
患者を守ることに優先するものはないはずであるから。
スポンサーサイト



Comment 2

Mina

こんにちは。
明日出発なんですね。
奥様とラブラブな素敵な旅を楽しんで下さいね!

ロケットさんは断薬されてすぐにも旅行されてますよね。
活動的で運動をよくされている方は離脱も早いですね。
最近、朝と夕方に散歩して昼間はスーパーと引きこもりからは、脱出できたみたいです。身体を動かすって大事な事なんですね。
低飛行から中飛行ぐらいになりました。
パニックもあまり起こらなくなりました。

この旅行をきっかけに睡眠も安定して喉の調子も良くなるといいですね。
また、楽しい土産話楽しみにしています。
では、気をつけて行ってください!

2014/09/12(Fri) 17:11

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> Mina さん

こんにちは。

「休職しているくせに旅行に行くのか」なんて思う人もいるので、あまり大っぴらに書かない方が良いのかもれませんが(^^;
身体は辛かったんですが、ひきこもりしたくないという思いもあったみたいで、無理をしてでも出るようなところがありました。
回復に対して、それが良かったのかどうかはわかりませんが・・
人間、体調を整えようとするには、やはりメリハリのある生活が大切な気がします。
良く寝て、よく食べて、そして適当に身体を使うような生活・・これがやはり健全な生活のモデルなんでしょうね。

散歩ができるようになったら、あと少し手を伸ばせば、すぐに次のステップに手が届きますよ。
私もそうなように、波があって辛い時もあるでしょうが、焦らずゆっくりと治していきましょう。

2014/09/12(Fri) 21:09

Edit | Reply | 

What's new?