FC2ブログ
FEVER
"FEVER"(フィーバー)とは「発熱する」「熱狂する」という意味の英単語です。

日本で「ディスコで踊り、うなされるように熱狂する・遊ぶ」と言う意味で使われるようになった起源は、ジョン・トラボルタ主演の1977年の映画、「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットしてからのことになります。
また、現在のパチンコ台の原型となっている数字をそろえて大当たりする機種、もともとは「フィーバー台」という登録商標で、1980年に登場しました。
「大当たりして熱狂する刺激的な台」という狙いだったのでしょう。
それ以来、我々の日常の中に「フィーバー」という単語が、常用語として浸透してきたのだと思います。
ちょうど私がハイティーンのときにあたり、時期的にオンタイムというか、それこそ若い時にフィーバーした世代だといえます。

この「フィーバー」という感情・感覚、悲しいんですが歳をとるとともに感じにくくなりますね。
昔、ディスコで酔っぱらって踊っている時、野外のサマーフェスでお気に入りのミュージシャンの演奏で踊っている時、
ワクワクして、うなされるように、アバンチュールにも似た甘酸っぱい感情を、楽しんでいたように思います。

この週末は、近くで夏祭りが多く催されていたようです。
風邪の症状が若干残る中、夜になって露店の並ぶ神社の境内に繰り出してみました。
暗い夜に、露店の薄暗い照明が誘蛾灯のようになって、多くの人が誘い出されていました。

夏の暑い夜、それだけでも暑さで思考がマヒし、
祭りと言うシチュエーションで気分が高揚し、
そして異性の浴衣姿や薄着といった視覚的にも挑発される。

若い時代、もしくは子供の頃、祭りの夜店に行くというだけでもワクワクし、文字通り「フィーバー」という感情を味わっていたんだなあと、懐古していました。
いつからだろう、祭りに「フィーバー」を感じなくなったのは・・

失敗することを経験して、羽目を外すことに対して抑制することを覚えた結果なのだろうが、
あの若い頃の向こう見ずな、怖いもの知らずで立ち向かうパワーを、負けてもいいやと言う思い切りを、
もう一度取り戻すことはできないんだろうか?
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?