FC2ブログ
病人への愛
先日のブログ(半夏厚朴湯)でも書いたように、漢方薬だから安全で有効だなんていうつもりは全くないのです。
でも、この漢方薬剤師の方のブログ記事は内容が素晴らしく、それで興味を持ちました。
実正堂漢方ホームページ

特に自律神経失調症に対する考え方と、心構え、治療の方針などは必見です。
一読されることをお勧めします。
一度、ご質問のメールを差し上げたのですが、現在は体調を崩されて相談を受け付けていないとのこと。
本当に残念です、一度、ゆっくりとお話を聞いてみたかった。

そのブログ記事からの引用になりますが、「医療」ってなんだろうなって内容のコラムがありました。

治療のことを「手当て」って言いますよね。
この「手当て」とは、患者(主に家族でしょうか?)の痛がるお腹をさすったり、抱きしめたり、傷口につばをつけたり、
文字通り、手を患部に当てるという行為から始まっています。
それは、「家族の愛」に基づく立派な治療法だったわけです。

このような「自然治癒力」を大切にした医療のうちは、一族の知恵ある者が、何とか身内を助けようとする、一種の「愛の行為」であったのではないかとお考えを述べておられます。
ここからは、引用させてもらいますが、

*****ここから引用****

 すなわち自然治癒力を助ける本当の治療が行なわれていた時代には、「愛」を伴う、「無報酬」の行為があり、そのために治療を行なう者には、「尊敬される」という名誉が与えられていたのです。
 一方「より速い苦痛からの逃避」を、富の力で得ようとする階級が生まれ、自然治癒力を無視した、「より速い苦痛からの逃避」方法が、試行錯誤され、その技術が富と結びつくと、「病人への愛」が失われると同時に、「尊敬」も失われてしまったのです。

  **中略**

 いま病院には苦痛に悩む多数の病人が、「一刻も速い苦痛からの逃避」を望んで、殺到しています。
 医者は、自然治癒力を低下させてしまうことを知ってか知らずか、患者からの要求のままに、多量の薬をばらまき、患者は喜んで服用し続けています。

 ロマンと現実とのあまりの乖離に悲しくなります。


*****引用ここまで****

医者が尊敬をこめて、「先生」と呼ばれるからには、そこに経済活動だけではなく、「病人への愛」が込められているからにほかありません。
医学の進歩により助かる命が増えていることは疑うことのできない事実ですが、
「病人への愛」は進歩しているんでしょうかね?

医療関係者の方は、一度振り返って、考えてみてほしいものです。
スポンサーサイト



Comment 4

Mina

こんにちは。お盆は帰省されてなかったんですね。
ロケットさんは10年ぐらい前までは、関西だったんですね。じゃあ、関西弁でしょうか?

朝から貼り付けてくださっていた漢方医のホームページを読んでいました。
納得いく内容でしたが、こういう重要な情報は新聞の1面とか、ニュースで取り上げて欲しかったですね。まあ、製薬会社や色んな機関が絡んで無理なんでしょうが、薬の危険性を理解している医師もいたのに、飲んでいる人にはそれが届かなかったというのが悔しいですね。(貰った薬をちゃんと調べていた人はエライです)

長期で飲んでいて、完全断薬されている人ってブログであまりおられないですよね。ロケットさんはほんと凄いですね。意志の強さもあるんでしょうね。
私はもう完全断薬は無理かも…って弱気になってます。
リーゼ1錠で1ヶ月以上ステイしてますが、次々と症状が出てくるのでこれ以上減らせない状態です。落ち着いてくれたらいいのですが。

更年期と離脱症状が重なってしまったので仕方ないかなって思います。
小さい錠剤に恐ろしい物質が入っているんですね。



2014/08/17(Sun) 13:18

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> Mina さん

こんにちは。

私はバリバリの関西人ですよ(^^;
ブログにもよく書いていますが、神戸で30年以上、震災まで住んでいまいた。

実正堂のブログ、なかなか内容があったでしょう?
私は気にいっているというか、全てのクスリを止めるにあたって、背中を押してもらったサイトでした。

リーゼが断薬できないということで気にされておりますが、そんなに心痛めないでください。
人により離脱症状の辛さも違うでしょうし、止め方だって一律ではないと思います。
無理に我慢してまでやめるべきなのかどうか・・その答えだって、最近は何が良いことなのかわからなくなっています。

このサイトでも書いていますように、自然治癒力で治すには時間もかかります。
「精神薬は幸せの先取りだ」と書いている方がいました。
私は長いこと幸せを先取ってしまったために、その分を今苦しんで返さなきゃならないんだと覚悟しました。
そしてその借りを早く返して、何年後になるかわかりませんが、その結果として幸せな余生が送れるものと信じています。

それだって正しいのかどうかはわかりませんが・・
将来が幸せであると想像しながら、希望を持てば、諦めずに頑張れるのではないですか?
無理をせずに、ゆっくりといきましょうよ。

2014/08/17(Sun) 21:06

Edit | Reply | 

Mina

励ましていただいてちょっと元気が出ました。ありがとうございます。
(このブログについて)のコメント欄を読み返していました。ロケットさんのブログは、離脱で苦しんでいる人の駆け込み寺みたいですね。ホントに感謝です。
漢方医じゃなくて薬剤師さんのブログなんですね。
開き直るのもいいって書いてあったんで、焦って断薬してまた失敗してうつになったら辛いので、もうしばらく1錠のままにします。

さっき書き忘れたんですが、昨日NHKのチョイスという番組で不眠症を特集してました。寝る2ー3時間前に熱めのお湯で15分の入浴がいいそうです。

ロケットさんは、震災の時は自宅とか大丈夫だったんですか?
うちは大阪の南部なんで、たいした事なかったですが、それでも経験したことのない揺れでしたね。今でも、その時の事は鮮明に覚えています。

精神薬は幸せの先取り…確かに薬のおかげで飛行機も乗れたし、友人とランチにも行けて助けられた事もいっぱいありますね。そう、考えると気が楽になります。気分良く寝れそうです。


2014/08/17(Sun) 21:51

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> Mina さん

そんなに立派なものではないです・・(^^;
自己満足みたいなもんで、性格だって自信ありません・・

これも過去に書いているのですが、震災の時は震度7地区にいました。
ほら、阪神高速が崩れたニュースやっていたでしょう、あそこから徒歩圏内です。
もちろんのことながら自宅は全壊でした。
運が良いことに、家族全員助かりましたから、不幸中の幸いですよね。
悪いことばかりではありません。

こういうブログを書いていると思うのですが・・・
結局他人ができることって、励まし合うことだけじゃないかなって。
ノウハウだって経験だって、他人にそのまま役立つかわかりませんし、
逆に「医者を紹介してください」とか「楽になるための情報を教えてください」なんて一方的に頼ってこられる方は断薬が上手くいっていない方が多いように思います。

結局は自分の問題であり、私の役にも立たない(?)励ましを観て、頑張れる方はいずれは断薬できるんだと思います。

2014/08/17(Sun) 22:19

Edit | Reply | 

What's new?