FC2ブログ
川古温泉でプチ湯治
離脱症状の治療は医療(特に西洋医療)では難しいことがわかりました。

少しでも苦痛を感じないように、そしてできるだけ早く、離脱症状が治まるということが、今後の方針になります。

今日は前々から考えていたことを実行に移しました。
それは温泉宿に泊まり込んだ湯治。

本来なら1週間をワンセットとして、月単位で行うものらしいですが、いくら休職してるからといって、診察などもかるので完全な仙人化は無理です(^^;;
で、プチ湯治として3泊して、良ければまた継続しようという計画です。

今回は群馬県と新潟県の県境のやど

川古温泉、浜屋旅館にやってきました



ここは古くから湯治の宿として知られ、長期の客も多いみたいです。
自炊ができるのかよくわかりませんが、2食つきで1泊5800円からと、休めに宿泊できるようになっています。

なにより、この温泉のウリは、源泉かけ流しのぬる湯。
温度39℃のナトリウム・カルシウム硫黄塩泉。
長時間入ることで湯治の効果を得るものとしています。

私も先ほど、1時間半ばかり入浴してきました(^ ^)



ここの名物、混浴露天風呂はかなり大きめ。
バスタオル巻OKなので、女性も恥ずかしくなく、
多くの方が入られてました。
(また、やどで湯浴み着を販売してます)

平日の昼間だからもっと少ないと思ってましたが…



お湯はご覧のように透明ですが、湧出し口近くに行くと、かなり硫黄の匂いがしました。

いいお湯のようです(^ ^)

温泉成分による効果もあるのかもしれませんが
静かな場所でノンビリ過ごすことで癒し効果を期待したいですね。

今日は天気が良かったので、夜の入浴では星空が楽しみ(^ ^)
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?