FC2ブログ
Pressure
興味がない方には申し訳ないが、プロ野球の話です。

現在、セリーグではややジャイアンツが独走気味、それをカープとタイガースが追いかけています。
今日は、タイガース-ジャイアンツの直接対決、首位攻防戦、三連戦。
1勝1敗で迎えた3戦目でした。
いやー、私のひいきのタイガースが勝ったからいうわけではありませんが、見ごたえのある素晴らしい試合でした。

終盤7回、3対1で負けているタイガースの攻撃は、2死1塁。
人間というのはどうしても物事を確率論で考えてしまう癖があるようです。
通常、2死1塁だと得点できる確率は、10%あるかないかでしょうから、観ている方も大きな期待はありません。
おそらく、打席に立つ選手もそれほどプレッシャーはないはず。

ここでヒットが出て繋がります、2死満塁となりました。
こうなると、逆転の可能性もありますから、ファンの期待はMAXになります。
ところが、得点できる可能性は30%、大して確率は高くないのに、逆にファンの期待は大きなプレッシャーになります。

もちろんヒーローになれる可能性はありますが、私だったら、こんな場面には打席に立ちたくありません・・
ここで起用されたのは、代打の切り札と呼ばれている、ベテランの関本選手。

結果はなんと、代打逆転満塁ホームラン
なんという精神力!

普通の人なら、こんなプレッシャーのかかる場面では、実力の何%が発揮できるのでしょうか??
この場面で実力が発揮できて、もちろん失敗もあるのでしょうが、ここで結果を出すことのすごさ・・・
そんなことが努力もせずに身につくはずもなく、培った経験と慣れしかないことは自明でしょう。

よく言われていることでありきたりなことですが、なんでも経験のないことは自信がない。
昔の話で恐縮だが、バンドの演奏で数十回はステージに立ったと思う。
一番緊張したのは、やはり最初のステージ、おそらくオーディエンスは20人もいなかっただろう。
その後、練習し、場数を踏み、できること、当たり前のことも増え、
最高、数百人クラスの箱でやったこともあるけれど、その最初の緊張を超えることは無かった。

今の状態で、できないできないと、嘆いていることが多い。
単純なことで、決まった時間に就寝起床できず、時間の管理ができない。
その結果、社会生活、就労ができないと悩んでいる。

しかし、今できないのは当たり前で、一歩ずつ手の届くところに目標を設定し、成功体験を続け、経験を積み上げていく、
その努力をせずに、いきなりバッターボックスに立って、代打逆転満塁ホームランは絶対に打てない。

それが楽なのか、どこまでできるのか、なんていうことは別問題。
多くを望むというわけではなく、生きていく以上、少しずつでも、目標を設定して、経験を積んでいくしかない。
ホームランを打ちたければ、毎日の素振りから始めなきゃいけないことは、当たり前。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?