FC2ブログ
寝汗の変化
この数日、少し寝汗を書く量と頻度が減ったように思います。
睡眠チャートで表せば、こんな感じで、何度も目が覚めることはありません。

20140219

考えてみれば、断薬直後に寝汗は最悪で、一晩5回とかシャツを替えていましたが、何が原因というわけでもなく、いつの間にか治まっていました。
だから今回もそうなのかなと思いつつ・・

ただ、今回は人為的というか、睡眠が変わらないかなと期待して、何点か工夫したことがありました。

①シャツの上にトレーナーを重ね着して寝てみた
厚着をしたら逆に汗をかきそうですが・・
夏場は汗をかいていないし、逆に肩が冷えたりして、睡眠が妨げられているんじゃないかなと思いまして。
普段はTシャツ1枚で寝ていますが、もう一枚トレーナーを着てみました。

②枕を変えてみた
枕が変われば睡眠の質が変わることは、前回実験済みだったので。
今回は柔らかい低反発枕に戻したのですが、頭の固定の仕方を変えてみようという狙いです。
以前の固い枕に変えた方が睡眠は安定したので、やや博打でしたが・・
そのせいか、連続して寝ている割には、ふわふわとしたというか・・頼りない睡眠のような感覚があります。

③サプリメントとしてビタミンB1、Cなどの摂取量を増やしてみた
これはあまりしたくなかったんですけれど・・
ビタノイリンという処方されたビタミン剤のほか、余っていたので市販の疲労回復系ビタミン剤(アリナミンのようなもの)を重ねて飲んでいたのですが。
秋口以降、なくなったので飲むのを止めたんですよ。
ビタミンB1系は飲み過ぎても意味がないということですが、どうも寝汗が再発した頃と、止めた時期が近いような気がして、念のために戻してみました。

面倒なことに、睡眠環境を少し変えるだけで、不眠になったり、身体にコリや痛みが出たりすることは、これまで何度も経験済みですので、あまり褒められたことではないのかもしれませんが・・
治るまで自然に任せて待てばいいじゃん」というのが正解なのでしょうけど、どうも性格上動かずには気が済まないようです。

何が効果があったのかわかりませんが、結果としてこの工夫を前後に、寝汗の程度が軽くなっています。
あとはこれが継続するのかということと、上の3つの工夫のどれが効いたのか、それとも関係ないのか?
一つずつ試してみるかですね。

あまり、気にしない方が良いんでしょうけれど・・
性格がねえ・・・
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?