FC2ブログ
ホルモン検査
三週間ぶりに、メンタルクリニックでの診察日でした。

いつもなら、どうせインチキ診断だし、進展もない、面倒くせ~な~なんて思いながら通院するのですが、
今日はちょっと思うこともあり、ケンカする気満々でσ(^_^;)

そうです、先日にもブログで書いた、ストレスホルモンであるコルチゾールの異常分泌の可能性がないか?
そして、そのホルモン検査ができないか問い合わせる目的があったからです。

おさらいしておきますと、とっかかりは血液検査で中性脂肪の値が401mg/dlという、要治療にもあたる結果がでたにもかかわらず、「焼肉でも食べましたか?」なんてスルーされたことから始まります。
焼肉食ったくらいでこの数値が出るなら、血液検査なんて全く意味がないということになってしまいます。

それはさておき
断薬以来、食欲がなく、カロリー過多の食生活とは思えないこと
飲酒も喫煙も全くと言って縁がないこと
体重、体脂肪、コレステロール値など、全てが減少しているのに、中性脂肪値だけが逆行高していること


などを、丁寧に説明し、ホルモン分泌異常になっていないかと問うたわけです。
加えて、コルチゾール異常分泌になると

朝起きられないなどの睡眠障害になる場合があること
疲労感や気分変動、認知低下などのうつ病同等の症状が現れる場合があること
薬の副作用などで、副腎皮質が肥大し起こる場合があること


など、現在の自分の症状に合致する場合が多いことで、
検査をしてくれるように説得しました。

勿論、可能性ですから、それが絶対に正しいなんて主張はできません。
医者が、「それはあり得んよ」と判断したら、検査はしてくれません。
まあ、でも、向精神薬の服用で、ホルモン異常ということは、調べる限りでは多々あるように思えましたので、ダメなら保険が適用されなくても、別の医院 で検査するつもりではありましたがねσ(^_^;)
ただ、ここでやってくれると、自立支援医療で1割でできますし、費用的には助かりますので。

結果、全面的に説明を納得してくれて、コルチゾールの他に、甲状腺ホルモンも検査してもらえることになりました o(^▽^)o
本来なら、コルチゾールの量をコントロールすると言われている、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)も同時に測定する方がいいみたいですが。
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は検査時に凍結して検査場に送らなきゃいけないみたいで。
小さな診療所では設備はありませんって…まあそれは仕方ないよね。

血液検査ですが、早朝空腹時に行う必要があるってことで、来週、採血してもらうことになりました。
医師は基本的なことがわかっておらず、今から採血しますかって言われて、苦笑いでしたが…
まあ、「必要ない」って検査の邪魔をされるよりも、よほど使えるよねσ(^_^;)

この検査で異常がみつかるのか、それによって新たな治療に繋がるのか?
まだ何もわかりませんし、ドクターショッピングして病気を見つける行為は意味がないようにも思います。
変に期待するのもいけませんが。
諦めずに、なんとか治そうという意識が芽生えるだけでも意味があるかな?
結果は3週間後です。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?