fc2ブログ
Relationship after retirement
好調・・・というか辛い症状を意識しないでも生きていられる、
そんなありがたい状況がかなり長く・・・ひと月半ほどかな?・・・続いています。

それでも昨日あたりから少し怪しくて・・・
頸の後ろの部分が異常に凝って、頭が痛いというか重いというか。
いつもながら、特に何をしたという心当たりもないのですけれどね。

気にしすぎなのかもしれませんが、毎年この時期は調子が最悪!というアノマリー(理論的根拠があるわけではないが、経験的によくあること)がいくつかあるのです。
そのうちの一つが今の時期、11月末から12月初めにかけてでして、かなり深刻な不調である事も多いのですが、

それでもまだ今年は寝込む程酷いこともなく、症状を抱えながらも動ける程度の不調であって、
もしかしたら、ピラティスなどの効果でこの程度で済んでいるのかもと、前向きにとらえております。

さて、ちょっと調子が悪くもあったのですが、昨日は前職の会社の上司に誘われて、ご自宅までお呼ばれしてきました。
本来なら上司の家なんて、気を使うだけなんですけれど、もう全員OBですし利害関係もありませんしね。

シニアだけのホームパーティなんて、昔話ばかりですが、まあそれが楽しかったりするんです。
ホストの上司は、近くにご家族が住まれているみたいですが、奥さんに先立たれて一人暮らし。
久しぶりに昔の話ができてご機嫌なようでした。

そういう上司の姿を見ていて、自分の将来を想像してしまいました。
定年退職以来、かなりの人間関係を切り捨ててきましたからね、動くとしても妻としか行動しないですし。
外部での人間関係を少しぐらい残しておかないとなって思いました。

体調が悪いことが多いと、外に出るのが億劫になっちゃって、これまで積み上げてきた人間関係を壊滅させてしまいます。
少し好調な時間が増えてきた今、面倒くさがらずにもうちょっと友達に声かけてみようかな、なんて考えさせられました。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?