fc2ブログ
Being
今月から始めたPilatesですが、2週間たって12回スタジオレッスンを受講しました。

ほとんど毎日のように通っているわけですが、やったあとは少し気分がいい気がします。
もちろんこれまでの不調が一気に回復するなんて都合のいいことは考えていませんが、前向きな気分になっています。

何がいいかってことなんですけれど、まず、一つ一つの運動にそれほど負荷がない、
強い筋肉痛が出たり、疲れが出たりというわけではないので、毎日通っても問題なく、日々のリズムを作りやすいと思います。

また普段の生活で動かしていないような、「背骨」を動かすエクササイズを意識して行います。
自律神経ってのは背骨の近くを通ってますから、こういったアプローチは良いのかもしれません。

また、Pilatesの本質は「動く瞑想」だということです。
インストラクターが「Doing(どう動くか)ではなくBeing(どういう状態か)に意識しなさい」と言っていました。

私はこれまでにも、自律神経症状や不安症状緩和のために様々な手法を取り組んできました。
このブログでも紹介しましたが、「自律訓練法」であったり「マインドフルネス」であったり。

最近は新世代の認知行動療法と呼ばれる「ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)」という心理療法に興味をもって調べています。
ACTに関しては書籍を読んでいるところで、また紹介したいと思いますが・・・

いずれにしろすべての手法で、瞑想のように現在の自分の状態を意識することが共通認識であり重視されています。

断薬でも仕事でもなんでもそうですが、形ばかり気にしてどう動くか、どういう方法があるか?
そういうことばかり意識してきたように思います。

これまで「自律訓練法」であったり「マインドフルネス」を齧ってきて、そこまで効果が得られたかといわれたら明確には反論できないのですが・・・
Doing(どう動くか)ではなくBeing(どういう状態か)」という意識は、やはり自律神経の安定に効果的なように思います。

今後も毎日のように通うかどうかは少し考えますが、しばらくは習慣化して様子を見たいと思います。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?