FC2ブログ
薬を止めて良くなったこと
NHK、大河ドラマの八重の桜を観ていまして、今日、ちょうど白虎隊が自害するシーンを放映していました。
話は変わりますが、日本は先進国の中で、若者(15~34歳)の自殺死亡率が格段に高いみたいですね・・
景気の悪化や就活の厳しさなど、いろいろな原因があるんでしょうが、自害という行動を文化という名で美化しすぎのところがあるのではないでしょうか?
諸外国のドラマや小説なんかで、格好良く自害するなんてお話はあるんでしょうかね。
検証はしていませんが、ちょっと気になりました。

さて、昨日のブログにも書きましたが、体力が低下しておりリハビリが必要です!
今日も梅雨の晴れ間が広がるお天気だったので、積極的に自転車で出かけることにしました。

前回のサイクリングよりも距離を伸ばして、しかも気持ちのよさそうな場所・・と考えて、往復で20キロはありますが、東京と埼玉の県境である多摩湖畔のサイクルロードを走ってみることにしました。
ここは自転車道がきれいに整備されていて、多くのサイクリストが集まってきています。
また適度にアップダウンもあり湖からの風も心地よくて、少しの負荷をかけた運動という意味でちょうどよさそうです。

あまり本格派ではありませんが、ベンゾジアゼピンを断薬する前から、趣味としてサイクリングを楽しんでいました。
しかし、ここ数年来特に、ちょっと走っただけで心臓がバクバク頭に血が上ってのぼせ滝のような汗をかく
そんなに激しい運動もしていないのにおかしいなと、常々思っていました。
運動不足かな?年齢のせいかな?なんて考えていました。

冒頭で書いたように、確かに体力は落ちているんですよ。
瞬発的にダッシュなんてしようと思っても、眩暈がしてフラフラで走れません。
今日だって長距離を走ったから、足の筋肉には身が入っています。

でもね・・不思議なことに、ベンゾジアゼピンを断薬してから、少し運動しただけでのぼせたり、大汗をかいたり・・そんな症状はなくなりました
足がしびれたり、心臓が信じられないほど早鐘をつく・・そんなこともなくなっています
心臓などの臓器にも負担がかかっていたのですかね?
そういえば最新のかこさんのブログ精神医療の真実  聞かせてください、あなたの体験)でも、「抗精神病薬を服用している人は、そうでない人よりも心臓突然死のリスクが高まる」という調査研究について書かれていました。

ベンゾジアゼピンや他の向精神薬を止めようと思ったきっかけは、人それぞれでしょう。

  「薬を飲むこと自体が悪いと思ったから」
  「薬を飲んでも治らず、余計に悪化しているように思える」
  「常容量依存で効かなくなってきていたので」
  「主治医が変わったから」


どんな理由でやめられても、不安なことは薬を止めることで、症状が悪化しないだろうか?止めたら本当に症状は良くなるのか?といったことではないでしょうか?
自分の身体のため断薬すると思うのですが、それまで神のように信じていた医者の言いつけに背くわけですからね。
やっぱり止めたら悪化するんじゃないのか?そこまでいかなくとも良くなることなんてないんじゃ・・・?

全てが治るなんて夢のようなこと、医者でもない私から言えるはずもありませんが、私の場合いくつかの不定愁訴は断薬前よりも確実に良くなっています
以前より悪くなった症状はありません。(離脱症状を悪化といえばそうなりますが・・)
私もまだまだ回復途上です、継続している離脱症状もありますし、完全なサクセスケースを示しているわけではないですが。

辛い離脱症状に耐えるだけのご褒美はある・・と思っています。

薬を止めることが目的ではない、健康な状態になることが目的です。
薬を飲み続けることによって健康になった方がおられるのなら、その方を否定するつもりも議論するつもりもありません。
ただこのように、薬を止めることで改善する症状もある
あとは自己責任で、自分の信じることを継続するだけです。
スポンサーサイト



Comment 10

YJ

こんにちは。

こんにちは。私のクソのようなブログに訪問、またコメントまでいただいてありがとうございました。

最近は、趣味の時計関係ばっかり書いています。でも、無職でお金がないので、本体にはお金かけられず、尾錠やストラップでせめています。

ベンゾジアゼピンやアルコールの依存に関する記事を書きたいのですが、だいぶ忘れてきました。ただ、ベンゾジアゼピンにハマっているときは辛かった。あれは、魔ヤクですね。

2013/07/01(Mon) 07:12

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: こんにちは。

> YJさん

コメントありがとうございます。

おカネをかけることが本意ではありませんし、他人とちがったオシャレをするということで、尾錠やストラップに工夫をするというのは素晴らしいじゃないですか(^^)

今後ともよろしくお願いします。

2013/07/01(Mon) 14:35

Edit | Reply | 

がんばるおじさん!

”八重の桜”私も見てます。ほんの百数十年前の日本ではこのようなことが美談とされていた事実に改めて衝撃を受けました。といっても、太平洋戦争時でも同様な事実があったわけで、時代の価値観というものは怖いなあと感じます。
さて、いろいろ不安になったり、思うことはありますが、管理者様のおっしゃる通り、自分の選択を信じて頑張ってます。まさに、”がんばるおじさん!”です。
ただ、ふと、何のためにこんなむきになっているのかわからなくなります。このがんばりは一体どういった価値を生み出すのか??なんて。。
でも、管理者様も言われてるように、「健康になるため、本来の自分を取り戻すため」だと思います。もう少し、がんばってみます。

2013/07/01(Mon) 22:45

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> がんばるおじさん!さん

こんばんは(^^;

なんのために断薬するか?
確かに考えることがあります。
やめなくても、飲んだままでも健康に(?)生活できるならいいのではないか?

良い悪いで考えると、自説を押し通そうと思って意地になってしまうので、最近はできるだけ議論しないように努めています。
「薬を飲む方が良い」という価値観の方を非難しても意味ないと思うようにしています。
「自分が飲まない方が良い(健康になる)と思うから」
それしかないですよね。
頑張ったご褒美が、眼に見えた形で返ってきてほしいですよね。

2013/07/01(Mon) 23:03

Edit | Reply | 

るどるふくん

お邪魔します

こんにちは。
たびたびブログに伺っております。
先週のほんまでっかTVでおおたわ先生が、「よく利く薬を投与すれば、それに対抗する菌が新たに出来て、どんな抗生物質も利かない菌がアメリカで発見された。」と話しておられました。
CaliforniaRocketさんの おっしゃるとおり、なるべくなら薬を飲まないほうがいいと思います。
ただ、ほとんどの人は 先の苦しみより、今の痛みを取りたいと思っているのでしょう。

2013/07/03(Wed) 16:44

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: お邪魔します

> るどるふくんさん

はじめまして、コメント&いつもご訪問ありがとうございます。
私もその番組、観ました(^^;

こう見えても、以前の私は「お薬大好き人間」だったんですよ。
その時、楽になればいいって典型だったんです。
まさか自分が「耐性」だとか「依存症」といった副作用(?)に苦しむなんて思ってもみませんでしたから・・
愚かなもので、自分の身に降りかかるまでわからなかったんです。

もちろんすべての薬を否定するわけでもないし、飲まなきゃいけない人もいるんでしょうが。
ちょっとした痛みを取るだけの薬、なんてのはできるだけ飲まないほうがいいんだと思います。
いずれにしろ自己責任ということになりますが。

2013/07/03(Wed) 22:43

Edit | Reply | 

なな

減薬中の者です。一人では外出できず孤独で辛いですが、薬をやめたらいつかきっと良いことがあると信じて離脱症状に耐えています。断薬後のことを書いていただいて励みになりました。

2013/07/22(Mon) 13:14

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> ななさん

こんにちは、はじめまして(^^)

減断薬はその辛さがまわりの方にわかりづらいということがあるので、どうしても孤独感を感じてしまいますよね。
辛さを変わってあげるわけにはいかないですが、経験を伝えたり、励ましたりすることはできます。
これからも気持ちや疑問を書き込んでくださいね。

「薬をやめる」という決断をした時から、「薬に頼らない」=「自分の力で頑張る」という意識が芽生えているんですよ。
孤独と思っても、その意識を持ち続けることで、きっと断薬は成功しますよ。
頑張ってくださいね。

2013/07/22(Mon) 14:56

Edit | Reply | 

トラ

はじめまして

大分遡った記事へのコメント失礼します。
私は一年三ヶ月前にとあるきっかけがあり、アトピーと精神科の薬を自己判断で断薬した者です。
皮膚の症状は見た目でわかるのでついそちらに気をとられるのですが、動悸や異常発汗等の自律神経系の異常は未だ続いています。どちらの薬が原因かはよくわかりません(^-^;
向精神薬は飲んでいた薬の名前を忘れてしまう位になり、私もこの道を選んでよかったなと思っています。
少しずつ社会復帰を目指すにあたり、参考にさせて頂きたいので、また何かありましたらコメントさせて下さい!

2016/10/25(Tue) 15:17

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: はじめまして

> トラ さん

はじめまして。
随分と古いブログを読んでいただいて、ありがとうございます。

薬を必要とされる方もおられますから、全員がやめるべきなんて暴論は吐きませんが、
やめてもこうやって順調にこれているわけですから、個人的には止めて良かったと思います。
少なくとも社会復帰はできましたしね(^^;

トラさんもこれから社会復帰なんですね。
ゆっくりと進められてくださいね。

いつでもコメントください。

2016/10/25(Tue) 21:40

Edit | Reply | 

What's new?