fc2ブログ
Come and go away
一昨日は成人式でしたね。
昼飯に駅前まで出たのですが、振袖やスーツに身を包んだ新成人が多く騒いでいました。

成人年齢が18歳に引き下げられましたが、彼らはおそらく20歳、
学生もいれば社会人も、無職もいるでしょう。
標準でいえば、あと40年から50年は働くことになるんですね。
我々が楽だったと言うつもりはありませんが、これからさらにグローバルな競争にさらされ、
少子高齢化で不安も大きいなか大変ですが、頑張ってほしいものです。

逃げ切れたのかできなかったのか微妙ではありますが、私は今年5月で定年を迎えます。
一応、再雇用を考えていますが、変化に対して不安も大きく、まだ決心はしていません。

今日、東京から職場の上司がやってきて、定年後の今後について少し話をしていきました。
再雇用の内容自体、ギリギリでないと決まらないらしく、現時点ではわからないとのこと。
ただ、会社の業績の関係で、現状維持の部署や内容では難しいようです。

2年ほど前の体調なら、どんなことでもやりますって言ったでしょうけれど、
このところ日常生活を送るのも辛いことがありますので、単身赴任や引越し異動が前提や精神的な負荷の高い内容であれば、退職することも考えています。

ありがたいことに、年が明けてからずっと調子が良かったのですが、昨晩あたりから様子が怪しくなっています。
鍼を打ってもらって、首肩が楽になったと思っていたのですが、夜中右肩が痛く疼くようになって、
寝汗とともになんだか交感神経がバシバシに働いて興奮したような・・・

ちょうど昨年のブログを読んでいたのですが、同じ日(1月10日)に同じようなこと(背中や胃の後ろが疼きだして、また食欲もなくなってきた)を書いていました。

昨年も年明けとともに調子が回復して、今頃の時期に落ち込んだみたい。
毎年同じということは、何か理由があるんでしょうね・・・

何とかならんのかという思いが強いのですが、心当たりも対処法もないので何ともしようがなく・・・・
受け入れて、生きていくしかないんでしょうね。

こういった状態なら、仕事辞めたほうが良いのかな?
とはいえ、やはり長い(?)老後を考えると、全くの無収入というのも不安がありますね。

まあ、休職を重ねながらも、なんとか定年までは務めたわけだし、金のかかる子供がいるわけでもなし、責められることも無いでしょう。
悩みどころです。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?