fc2ブログ
Hypochondria
一週間ほど経ったのですが、風邪が治りません・・・
しつこい鼻風邪症状が残ったままです。

いや、症状自体はそれほど大したものではないのでしょう。
咳も出ないし、発熱もない。
ただ、特に寝ているときに、鼻詰まりが酷く、喉に痰が絡んだように詰まった感じがします。

少し治まっていたのですが、もともと私は「ストレス球」という喉が詰まった感覚があります。
これが酷く現れたような感じで、ずっと咳払いしています。

他人に説明しても「たかが鼻づまりでしょ?」と理解してもらえないのですが、
痰が気管をふさいで、息ができないような不安に襲われて、症状は大したことが無くても、かなり疲弊しています。

心気症」という病気があります。
自分が何かしら重篤な病気にかかっているのではないかと思い込み、強い不安が生じる精神疾患と定義されています。

私の場合、特に死に繋がるような病気だと思い込んでいるわけではないので、厳密には違うのかもしれません。
ただ強い不安があり、症状をエンハンスしていること、
また四六時中症状に囚われており、その事ばかり考えていること、などから辛い状態が続きます。

もともと症状があること、そしてそれが続いており、そのあとかなり悪化した経験があること、
まあこれらのことはベンゾジアゼピンを断薬し、酷い離脱症状(不眠やパニック症状など)を耐えてきたことからくる経験なのかもしれません。
それらのことから脳が恐怖を学習してしまい、どうしても頭から離れないんでしょう。

どうやって治していけばいいのか・・・難しいことです。
先日観た精神科医のYoutubeでは、「心気症は薬物療法しかない」という意見もありました。
脳に言い聞かせようとしても難しいので、薬物で安定させて自然に治るのを待つ方が早いというわけですね。

それで治るなら、再服薬するんですけれどね・・・
これまで薬物を飲んできて、治っていないわけですから。

認知行動療法などの精神療法が有効という話もありますが、当然これまで取り組んできていますしね。
まだまだ足りないといわれればそれまでですが、少しずつ積み重ねるしかないようです。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?