fc2ブログ
Rows of red cherry trees
毎朝の散歩コースである川沿いに桜並木があるのですが、その木々の葉が少し色づいてきました。

いつまでも暑いと思っていましたが、もう10月も終わりですものね。
季節の移ろいを感じます。

10月と言えば私の勤める会社も、一年のなかの下期開始という節目でもあります。
節目にはいろいろと事務手続きを強制されることが多いのです。
今回もそうで、個人のスキルと実績の棚卸ということで、自分の持つスキルや得意分野、これまでの職歴などを登録しろという人事命令が来ました。

これまでも似たようなシステムがあったのですが、今回はスキルを細分化し、また実績については詳細に書けときました。
スキルを多くに公開し、全社横断で人材活用するという狙いのようですが、
私は来年の5月に定年を迎えますし、再雇用してもらったとしてもあと5年ちょっと。
誰がこんな資料見るんだとぶつくさ言いながら、数時間もかけて入力を終えました。

20年前ならば、真剣に記載し、より高みの部署に異動して活躍することを望んだかもしれませんが、
メンタル疾患を患い仕事人生を諦めたせいか、それとも単純に歳をとって新しいことに興味が無くなったせいか?
もう終わりが見えた仕事人生を、どう無事に終わらせるか、好きな仕事を選んでできるかということしか考えなくなりました。

モチベーションが無くなってきたといえば、そうなんでしょう。
ただ気が付いたのですが、モチベーションが落ちたのは仕事だけではなく、日常生活や余暇という点でもそのようです。

夜を徹して遊んだり、遠くへ旅行して様々な経験をしてみたり・・・
体調が芳しくないということもありますが、昔ほど出かけたい願望がなくなってきたように思います。
まだ皆無ではありませんが、昔であればもっとエネルギーがあったように感じて、これはこれで問題かなと感じます。

まあ、これが老化とするならば、自然現象なので仕方がないことなのかな?
桜の葉は何も考えず、気温が低くなってくれば自然と色づき、そして散っていきます。
それを憂うことも、それに抗うこともなく、当たり前のように。

旅行に行く前に不調に陥りましたが、ここ最近は随分と楽になりました。
私のこの不調も、気温や気圧の変化、自然現象に反応して起こるものと思われます。
毎年、季節の変わり目に陥る不調ですし、鍼やマッサージなどで抗っても、結局あまり効果がなく、楽になるまで待つしかありません。

桜の花が色づくのが当たり前なように、このような体調の変化があることは仕方がないことなのでしょう。
老化現象も不定愁訴の不調も・・・
自然に起こることで抗いようがないと受け入れたら、もっと楽に生きられるのでしょうか・・・

そんなことを桜並木の紅葉を見ながら、ボーっと考えていました。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?