fc2ブログ
Successful experience
体調は安定してきました。
前回書いたように、朝、二度寝しない、辛くても起きるという行動は、あながち間違えていないようです。

想像でしかないのですが、副交感神経が強く働くときに体調不良が現れるようです。

例えば朝起きて、二度寝しようとする瞬間。
普段は不眠だ、寝られないって言っているのに、このときばかりはすぐに二度寝できそうな感覚なんです。
おそらく強く副交感神経が働いているのだと思いますが、後頭部、頸後ろの疼きというのは、一日のうちで一番強いように感じます。
朝起きても、交感神経に切り替わらないままだと、かなり辛い状況が続きます。

あと食後にいつも辛くなるのも、食事をしたら副交感神経優位になるからだと考えます。
食べた後に後頭部、頸後ろがなんだか痺れるような腫れたような、怠くなる感覚。
このあとまた、どんどん具合が悪くなるトリガーのように感じてしまいます。

予期不安と言いますか・・・
このところ不調が長かったので、こういった予感を感じてビクビクしながら生活しています。
これが大きな問題ですね。

体調を注目しながら、行動に注意して生活することは決して悪いことではないです。
それでも、ちょっとトリガーを感じただけで、「あ、やばいかも」という不安を募らせながら生きるのって、疲弊します。

体調は悪くないのですが、こういった不安症?予期不安?が治まらなければ、安心して日常生活を送れませんよね。
これを払しょくするには、地味ながら、一歩一歩成功体験を積み上げていくしかないんでしょう。

失敗体験というテーマで、過去に書いたブログです。
 Failure experience

職場復帰する直前のものですが、同じく予期不安に苦しめられていて、
過去のトラウマを失敗体験だといつまでも持ち続けるから、不安を募らせることになると自己分析しています。
偉そうに、「困難を乗り越えた成功体験」を事実としてとらえ、積み重ねると書いています。

少し体調を崩すと、過去の辛かった記憶を思い起こす。
それだけトラウマになっているんでしょうし、成功体験に転嫁させるのはなかなか難しい・・・
断薬何年たっても、こういったことと闘っていかなければならないんだと思います。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?