fc2ブログ
Yes! You Can Be Absolutely Lucky!
体調が明らかに落ち着いてきたように感じます。

背中や頸筋のコリは相変わらずあって、また不眠も度々あるのですが、
不眠の次の日であっても、気温が下がったせいでそれほど苦痛ではありません。
このところの不調は不眠だけが原因ではなく、その状態で猛暑日なんてことになると耐えられなかったということのようです。

今回の不調はかなり続きました。
ブログを読み消してみると、一連の不調の最初は梅雨入り直後の6月前半あたりから始まったようです。

毎年この時期には不調が出やすいとはいえ、実に3か月以上、一年の1/4以上苦しんでいたわけです。
考えすぎると生きるのが辛くなりますが、もうこれは生きていくうえで仕方がない。
ベンゾジアゼピンを服薬・断薬したことが原因か、もともとそういう体質なのか、生活習慣か、わかりませんが、
私が背負っていく柵として、受け入れなきゃいけないんでしょう。
そういう覚悟は持っているつもりなんですが、症状が続いている時はどうしても弱音を吐いてしまいますね。

断薬直後は年がら年中、調子悪い、それこそ一年のうち80%は苦痛が続いていたように思います。
それが1/4になったのなら、単純に改善しているということ。

健常者だってその期間は長くないのかもしれませんが、調子が悪い時は活動できないし、苦痛に耐えているわけで、
そういう時は予定を諦める、約束を断るなどしています。
私はその期間が少し長いだけ、そしてそこをうまくマネジメントしていくことも経験してきています。

人間どうしても100%を望んでしまいますが、制限なくできることだって増えていることに注目しなければいけないですね。
自分に対しての慰めではなく、前向きに生きていくために。
スポンサーサイト



Comment 2

とゆのゆ

No title

体調、回復されてきたようで何よりです。

私も、7月頃の絶不調をようやく脱しました。およそ3か月かかったことになりますが。
まだ、不眠(早朝覚醒)は続いていますが、日中はそれほど眠くもなく、仕事も順調にこなせています。最近は、眠れないときは、無理して眠ろうとせずに、4時頃には起きだして、趣味の庭いじり(ご近所迷惑にならない程度に)や、ゴルフの打ちっぱなしに行っています。大体、ゴルフ練習場に4時頃に通ってくるメンバーはほぼ一緒です。面白いもんですね。

やっぱり、体調の変化には、季節(猛暑)の影響があるのかもしれませんね。体調が悪い日は、本当に、この状態が一生続くんじゃないかとパニックになりますが、回復すれば、辛かったことを忘れることもありますので、また、調子が悪くなっても、回復を信じて、生活していきたいと、改めて思う、今日この頃です。

2021/09/17(Fri) 17:17

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: No title

> とゆのゆ さん

こんにちは。
ご心配のコメント、ありがとうございます。

確かに「不眠+酷暑」の最中は耐えがたい倦怠感と呼吸困難でパニックに陥りそうな症状と言いますか・・・
とにかくもうダメかもしれないという意識が連続しますが、ある程度治まってくると忘れているように思います。
回復してきたときは、眠れなくても大丈夫というメンタルになれるのですが、ダメなときは何をしてもダメ・・・
精神的なものも大きなファクターになっているのかもしれませんが、なかなか対応が難しいです。

一生、折り合って、ストレスに耐える方法を考えながら、生活していかなきゃいけないんでしょうね。
そして(仰るように)、いつでも回復を信じて、希望を捨てずに、
精神論だけではないんですが、最後に効くのは気持ちだと思います。

お互いに、楽しく、有意義な残りの人生を送りたいですね。
また、お立ち寄りください。

2021/09/17(Fri) 19:35

Edit | Reply | 

What's new?