fc2ブログ
Risk compensation
ひと月ほど前に、生命保険の見直しを考えているというブログを書きました。

生命保険ってのは、何年かに一回更新が必要で、年齢が上がるほど掛け金は上がっていきます。
どの程度の金額が適当かってのは、家族構成や資産状況なんかで変わってくるでしょうが、還暦近くで更新するとなると結構な掛け金になって負担が大きいです。
ですので、補償を下げても掛け金を下げるということと、時代に合わせて見直された特約の検討が今回の狙いでした。

ただ見直しに際してこれまでネックだったのが、精神科の通院歴でした。
過去5年間、精神科に通院したことのある人は告知が必要で、基本的に新規契約・内容の見直しは認められません。
この度、5年が経過したので見直しを決意したというわけです。
実はほかにも告知事項があって、やっぱり自由に見直しができそうもないというオチなんですが・・・

一方的に補償を下げるだけの変更ならできるんですけれどね。
これまでもそれはわかっていたのですが、休職中などの収入が厳しい時も掛け金を下げることはしませんでした。

まだ子供ができる可能性もあったこともあったのですが、基本的には下げるのが怖かったのです。
死亡補償金を下げるってことが・・・・

私がうつ病だったかどうかってのは疑問に思うこともあるのですが、精神科に通っていたことは事実です。
その関係で精神科受診歴のある友人や知人、同僚は数多くいます。
そういったなかで、自殺を遂げた方も複数いるのですね。

こういったことを書くと叱られそうですが、私だって離脱症状がきつい時に、自殺が頭をよぎったことは皆無ではありません。
そのたびに精神力、そして妻や家族の支えをうけて押し返してきました。
現在のように正常な精神力の時には、そんなことは決してしないだろうと自信をもって言えます。

でも症状真っただ中、そして精神的にも追い詰められている時、衝動的に・・なんてことがこの先もないだろうか?
異常な精神状態になることもあるでしょうし、正直絶対ないと言い切るだけの自信がなかったんです。
上で書いた自殺された複数の方ってのも、普段から自殺念慮があったとは思えず、衝動的に実行したって思われるんです。

現在の生命保険では自殺でも死亡補償金がでますからねえ。
補償を大幅に下げた途端に、そんなことになったら、家族に遺す金も減るし、勿体ないなあなんて。
つまらん心配をするなって家族からは叱られそうですが、そんな不安が深層にはあったんです。

・・・・・
まあ、それでも今回、大幅に補償を下げることにしました。
どんなことでもリスクはゼロではないでしょうが、それほど高いリスクではないように感じますし、計算してできることでもない。
何より掛け金を節約して、その分ほかに回す方が建設的だと考えました。

今の生命保険に加入したのがおよそ30年前。
もともと生命保険なんて嫌いだったのですが、肺炎で入院したのがきっかけでした。
考えてみたら、そこから30年間、一度も入院なんてしていないし、保険金をいただいたこともありません。

実は、私って超健康体なんでしょうか??
スポンサーサイト



Comment 3

とゆのゆ

体調不調時の過ごし方は?

CaliforniaRocket様

こんにちは。とゆのゆと申します。
もう彼是5年以上前から、当ブログを拝見しております。

私も10年前程に、仕事のストレスから適応障害、更に、うつ病と診断されました。そのときは、6か月ほどの休職後に、復職しました。それ以降は、何度も何度も浮き沈みはあったものの、服薬を継続しながら、仕事も休まずに、日常生活を続けてきました。
その間、度々このブログを読み返して、自身の励みにしてきております。

お陰様で、私も数年前から通っている針治療が効いたのか、体調も徐々に回復し、昨年の12月には完全断薬、そして、今年の4月には晴れてお世話になったクリニックを卒業、となりました。

ただ、7月に入ってから、急激に体調が悪化してきました。主な症状は、全身の疼痛、食欲不振、首肩の凝り、頭痛などですが、再通院・再服薬することなく、克服したいと思っております。

そこで、アドバイスいただきたいのですが、CaliforniaRocketさんも、断薬後も、季節の変わり目などに体調不良にみまわれることを書いておられますが、その際の自分なりの対処法(睡眠をとる、仕事を休む、針灸に行く、回復するまでジッと耐える)を教えてください。私の場合は、これまでは、寝る、とにかく土日は休む、何もしないでジッと耐えるを基本にしてきたのですが、何せ断薬後の初めての症状なので、大変不安になっています。

とりとめのない文章で申し訳ありません。
お忙しいこととは思いますが、励みになるアドバイスをどうぞよろしくお願いします。

2021/07/09(Fri) 12:07

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: 体調不調時の過ごし方は?

> とゆのゆ さん

こんにちは、コメントありがとうございます。
また、古くから書きなぐりに近い拙ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

季節行事と言いますか、毎年1月、7月くらいの時期には不調の波が来るように感じます。
ただこの時期には私だけではなく、私の家族や知人でも不調を訴える者もおり、気温や湿度の変化が自律神経を狂わすのかもしれません。

クリニックを卒業されたとのことで、おめでとうございます。
クスリというゲタを履かずとも社会生活を送れているわけですから、不調を感じられるとはいえ、自信を持ってくださいね。
健常者でも不調を感じる時期ですので、少しでも回復傾向があるようなら(おそらくもう少し様子を見て)、それは波ですからいずれ回復します。

不調時の過ごし方に関するご質問ですが、最近のブログでも「調子が今一つ・・・」と書いているくらいで、自信をもってこれをしたらいいよってのは無いのです・・・ごめんなさい。
正直なところ、そうなってしまったら鍼や足つぼ、せんねん灸(これは自分でします)なんかで誤魔化しながら、回復するまでじっと耐えるってのが私のスタンスです。

ただ一点違うところは、「何もしないでじっと耐える」よりも「できるだけ動いて、できれば運動もする」ようにしています。
自律神経の不調は、動いた方が整いやすいように感じるのです。
動けないほどの不調ならば寝ていますが、倦怠感が大きい時でも無理して出かけた方が予後は良いように感じます。
もちろん個人差はありますし、寝ていた方が休息が取れて調子がいいならそうした方が良いです。
ただ私の場合、そこで寝てしまうと起きたときの不調がより恐ろしいか、もしくは夜中に寝られなくなって逆効果のことが多いです。

あまり参考にならずに、申し訳ありません。
ただ、自分の調子をどうコントロールしていくかってのは最大の課題で、結局自分で試行錯誤していくしかないと思います。
このまま不調を克服されていくことをお祈りいたしています。
またいつでもコメントくださいね。

2021/07/09(Fri) 15:18

Edit | Reply | 

とゆのゆ

アドバイスありがとうございます!


CaliforniaRocket様

とゆのゆです。
早々にご返信を頂き、本当にありがとうございます。

頂いたコメントを読みながら、「今は辛いけれど、私も、CaliforniaRocketさんのように、今回の不調の波を乗り切ろう!」という勇気が湧いてきました。再び、頑張る気力が持てました。

今までは、余り深く考えたことはありませんでしたが、確かに「体を動かす」ことは良いことですね。そういえば、体調を崩す前はスイミングに通って、ガンガン泳いでいました。今のような体調で、余り体に負荷をかけるのがよいのかどうかわかりませんが、自分なりに「今、何ができるか」検討してみようと思います。

あと、コメントにあった「自分の調子をどうコントロールしていくかってのは最大の課題」というのは、全く私も同様で、日々、試行錯誤しています。今日の体調が良くても、明日良いとは限らない、確信が持てない、っていうのが厄介なところです。体調が良い日は、悪かった日のことなど忘れてしまうんですけどね。

今回は、ブログの内容に全く関係ないことをコメントしたにも関わらず、返信いただきありとうございました。私は、勝手にCaliforniaRocketさんのことをメンターだと思っています。これからも、更新を楽しみにしています。

それでは、体調が回復したら、近況報告もかねて、また、コメントさせていただきます。

2021/07/09(Fri) 16:24

Edit | Reply | 

What's new?