FC2ブログ
屈斜路湖畔は温泉銀座
このところ、温泉旅行ブログのようになっているので、少しくらい症状の報告を。
北海道での生活で変化をめざし、今日で5日目。

睡眠に関しては、来た当初、寝床が変わったせいか、2時間おきに目が覚めたりしていたのですが、今日は結構連続して寝られたと思います。
また、てきめんに変化が感じられたのが胃腸障害。
まあ、美味しい料理が多いせいかもしれませんが、確実に食べる量が増えていると思います。
頸の痛みは変わりません・・・相変わらず、頸を曲げると寝違えのような痛みがあります。
温泉なんかに入って温めたら少しは楽になるかな。

といった感じですが、少しかもしれませんが、いい方向に動いているように思います。
あと3日ほどこちらにいる予定ですが、どこまで変わるか?そして帰ってからどうなのか?
折を見て報告しますね。

さて今日は日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖を中心に温泉を巡りました。
屈斜路湖畔には、自然に囲まれた露天風呂が数多く存在します。

まず始めは、和琴半島にあります和琴温泉

和琴温泉

このロケーション!、最高です。
手前に見える池のようなのが温泉、奥側が屈斜路湖です。
湖と同じ高さで温泉があります。

野池と変わりありません。
底が砂利で温泉が湧きだしている。
そして藻がいっぱい浮いています。
池に浸かるようなもんです・・
汚いと思って抵抗のある方もいるかもしれませんが、私としては大満足でした。
和琴温泉は、この近くに共同浴場もあります。
そこも無人の掘立小屋で野趣あふれます・・廃屋かと思って見過ごしてました。

つぎに向かったのはコタンの湯

コタンの湯

ここもロケーションは抜群です。
ただ、お湯が熱すぎてほとんど入れなかったのが残念ですが・・・
この写真見てお分かりのように、真ん中に大きな岩があります。
その右側が男湯、左側が女湯・・(^^;、なんておおらかなんだ。

最後に向かったのが池の湯

池の湯

ここが一番大きくて、脱衣小屋がなければ池にしか見えません。
温湯なので、夏場にしか入れないようですが、それよりも底は藻でヌルヌル、こここそ入るのに勇気がいりました。

今日挙げた3つは、ガイドブックには載っていますが、標識も小さく、良く探さないとわからないくらいの秘湯でした。
湖に直結しているので、汚れを出せないということで、石鹸・シャンプーの使用が禁止されています。
このように大自然の中に設けられた温泉、今後も環境を保全して残していってもらいたいものです。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?