FC2ブログ
Withdrawal symptoms
突発性難聴の症状が出てから1か月が経過しました。

ステロイド薬を服用して治療を続けていたのですが、どうも回復の兆しが見られません。
この病気は完全に治癒するのは1/3程度のようで、ほとんどは後遺症が残ったり、治癒に時間がかかるそうです。
ステロイドも長期間服用するクスリではないので、徐々に減らしてきており、今週火曜日には飲みきりとなっていました。
いわゆる断薬ですね。

ところでステロイドは、我々が苦労して断薬してきたベンゾジアゼピンと同様に、急激に断薬すると離脱症状が発現するクスリとして知られています。
ホルモン量を増減させるクスリなので、止めると自律神経症状が出やすいんですね。

油断したわけではないし、医師の指示通り1週間で1/3ずつ減らしてきたんですけれど・・・
昨日になって、なんだか熱っぽい、頭痛がすると思っていたら、今度は関節痛がでてきました。
このご時世ですから、新型コロナも頭によぎったんですが、熱は36.5℃くらいしかないし、
調べたら、典型的なステロイドの離脱症状のようです。

まあベンゾジアゼピンのように何十年も飲み続けたわけではないですし、今日になって少しは安定してきたようにも感じます。
だからそれほどは心配していないんですが・・・・

服用しているときは不眠や胃痛などの副作用が出て、止めたらやめたで離脱症状が出る。
それに対して、服用する前に医師からそういった説明は一切ないというのもいかがかなと思いますし、ちゃんと説明して欲しいと感じます。
この程度の副作用はよくある話だし、命に別条があるわけではないから無視しているんでしょうか?

医師の質にもよるのかもしれませんが、一般の患者さんってそんなことを求めずに、医者に丸投げの方が安心するのでしょうかね?

今、新型コロナで医療関係者は格段のご苦労をされており、感謝しかありません。
でも未だになんでこんな対応なんだと、世間が疑問を呈することもあります。
例えば、なぜ検査を渋るんだとか、アビガンをどんどん投与しないんだとかですね。

こういうことだってきっと考えがあって、方針に沿ってやっているのでしょうが、それをもっとシステマティックに説明して患者を納得させる方が、結果的には効率的、時間短縮になるように感じるんですけど、違うんでしょうか?
どうも、私は医療・医者に求めるものが大きすぎるようです。
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?