FC2ブログ
Typhoon damage
大型で強い台風19号(ハギビス)が通過して、全国に被害を及ぼしたようです。

特に東日本から東北にかけて被害が大きかったようで、
昨年まで私が住んでいた立川近辺の浅川が氾濫したり、出張のときお世話になった仙台の飲食店が水びだしになったりといった映像を目にしました。
被害にあわれた方にはお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復興をお祈りします。

私はと言いますと、関西に最接近した12日は頭がボーっとして怠くなることがあったのですが、特に体調を崩すこともなく、
被害といえば、台風一過出かけた先で、田舎道が全く整備されておらず岩がゴロゴロしていたなか気持ちよくドライブしていたら、タイヤをバーストさせて余計な出費に見舞われました。
これも二次災害といえば災害ですが、自業自得とも言います^^;

さて先週のバンコク旅行で受けたオイルマッサージ以来、身体が軽くて体調がいいよということを書きました。
しかしさすがに一週間たつとその効果も薄れてきたのか、節々の痛みが少し戻ってきた感じ。
特に朝起きる際の怠さというか頭痛のような不快感が溜まってきた感じがします。

マッサージの効果が残っているうちにいつも治療してもらう鍼灸師の先生に状態の差を見てもらうのも意味があるんじゃないかと思い、鍼を打ってもらいました。

自分としてはいつもより楽である自覚があったので、状態が違うと言われると思っていたのですが、あまり変わらないですねって。
鍼灸の治療がどういう狙いで行うのか詳しくは理解していませんが、筋肉のコリの改善とかだけではなく、体調に影響するファクターがあるのかもしれませんね。
たとえばブログでも書いたように、老廃物の貯まり方とか、血流の改善とかですね。

実際、身体の軽さという感覚では、今日の鍼灸よりもオイルマッサージの方が効果があったように思います。
一方、眩暈がするとか頭が締め付けられるとか、自律神経失調症状が出ている時には、鍼灸の方が即効性があるように感じます。

どちらが良いというわけではなく、
私の場合、急性の不調の場合「鍼灸」、疲れや痛みが溜まってきた感覚がある場合には「オイルマッサージ」といったように、使い分けるのが良いのかもしれません。

さてさて、台風が去ると気温が急激に下がって、一気に季節が進みます。
体調の変化に注意しながら、秋という季節を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト



Comment 2

こんんちは~。
一時整体を生業にしていた時期がありました。
オイルマッサージは施術者はあまりしたがりません。
それは、手についたオイルから、患者さんの邪気が自分に入ってきてしまうからだと教わりました。
私も施術したことがあるのですが、手をすぐに洗えなかったりすると、ぐったりします。

邪気を貰うタイプと、自分のエネルギーを分けてあげるタイプの人がいるようで、私は前者でした。
マッサージ、整体を受けると、お手洗いが近くなるかと思います。
体から、於血が出ていくからだと教わりました。

マッサージ、いいともいます。
良い施術者を見つけられるといいと思います。

2019/10/16(Wed) 14:57

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> 名無しさん

こんにちは。
興味深い話をありがとうございます。

わたし、オイルマッサージはほとんど経験なかったのですが、普通のマッサージや整体、カイロなどは死ぬほど通っていました。
そういえばその先生の中でも、数珠をしたりして気を付けておられる方がいたなあと思い出しました。

「邪気」とか「於血」とか言うと、「非科学的な・・」とか宣う輩もおりますが、そういう言葉でしか説明できない現象だってまだまだありますよね。
私はそれを受けるだけの立場ですが、治療をされていた方とお話をしたら、いろいろと興味深い話が聴けて面白いです。

また是非コメントくださいね。

2019/10/16(Wed) 20:08

Edit | Reply | 

What's new?