FC2ブログ
Life savings
「老後資金に2000万円以上必要!」というワードが、さながら流行語のようになっています。

随分前から、「年金以外に数千万円なければ余裕ないよ」とか、「月の余裕資金は35万円」とか、
いろんなコラムが出ていましたので、何を今さら騒いでんだというのが個人的な感想なんですが、
今回のは金融庁が出した報告書だったので、大きな騒ぎになったということなんでしょうか?

今回の情報は良いも悪いもなく、「現時点での平均の生活費と年金額とに約5万円程度の差があった」という事実を報告しただけです。
また「平均値」であって、生活のレベルや資産によって全く違うものですから、大げさに心配するものでもないし、かといって何もしないでいいやと楽観視するもんでもないです。
事実は事実としてとらえ、自分はどうすべきか考える機会にすればいいと思います。

ただ、今回の報道は、世代によって感じ方が全然違うかもしれませんね。
私どものようにリタイヤ準備期ともいえる年代では、老後にどういった生活をしたいかというイメージをしながら、
多い少ないは別にして自分の資金との過不足を意識するというのが一般的な反応でしょうか。
若い世代だと、あまりにも先の話で、「なに言ってんだ?」とイメージもわかないでしょうし、
子育て世代に「2000万円!」といっても、「どこにそんな余裕が!」と一蹴されるでしょうね。

今回の報道で、年金制度の破綻であるとか、政府の責任とか、いろいろな意見がありますが、
こういった話題になったことで、各世代がそれぞれの立場で考えるという意味では、良い機会になっているんじゃないかと感じます。

幸か不幸か、「リタイヤ後の生活」ということについては、十分と考える機会がありました。
精神疾患を患い、ベンゾジアゼピンを断薬し、休職をして復職する。
特に休職している期間は、「このまま退職して、老後の生活が成り立つだろうか?」とずいぶんと考えました。

サイドビジネスができないかとか、早期退職割増金でどれだけ生活できるのかとか、
それでも贅沢したいとか、老後に旅行くらい行きたいとか、いろんなことを考えました。

結論として今感じることは・・・・
考えすぎても不安になるだけで、あまり意味はないということでしょうか。
結局、いくらあっても保証なんてないですし、あればあるだけ贅沢したくなるのが人間ですから。

まずは、現状何をするのが最適なのかよく考えることです。
将来は不安ですが、闘病中であれば病気を治すために何ができるかに注力すべきですし、リタイヤ前の現役世代であれば自身の成長を生活レベルの向上につなげるべく努力するべき。

考えすぎないが、今の生活を大事にしながらも頭の片隅にはおいておく。
それくらいのスタンスで、老後のことは考えたいなと思います。
スポンサーサイト

Comment 2

フクスケ

老後はおろか、変化の激しい時代なので数年後に自分の出来る仕事が残っているのか、と危機感を抱きつつ生きてます。断薬二年二ヶ月になりました。依然認知機能の回復はみられません。もうダメでしょう。
ただただ政治が機能して、世の中が少しでも良くなれば、と願う日々です。

2019/06/13(Thu) 22:31

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> フクスケ さん

こんにちは。

ダメではないですよ、きっと戻りますって。
全部戻らなくても、戻ったところで頑張ればいいだけです。

老後の生活、世界一周したいという人もいれば、孫とのんびり暮らしたいという人もいます。
与えられたこと以上に求めたら辛いことになりますが、人それぞれ、ぴったりはまる将来はあると信じてます。

2019/06/14(Fri) 19:17

Edit | Reply | 

What's new?