FC2ブログ
Avoid or confront ?
沖縄、仙台と1週間に4回飛行機に乗りました。
年初に立てた、「航空会社の上級会員になる」という目標に向けて、着々と進んでいるので良いといえば良いのですが・・・

一方、バタバタしたスケジュールなので、体調的に大丈夫か?という心配があります。
いくら良くなったとはいえ、一年ほど前の時点では「再休職が必要か?」なんて苦しんでいたわけですから。

実際、先週沖縄に行ったときに、「足がジンジンして、火照って眠れない」なんて兆候も出ていたわけで。
このときは、大阪の0℃という気温から、いきなり20℃に変化したので、暑さに弱い私にはその変化が耐えられなかったかなと思ったのですけれど。

しかし二日後、仙台の零下2℃という気温に変わったときにも、やはり良く寝られない・・
沖縄ほどではないにしろ、足もジンジンする気もするし、ベッドが合わないせいか背中も痛い・・・
温度変化自体が影響するのかなんて考えていたんですけれど。

じつは温度変化というよりも、飛行機での移動が影響しているんじゃないかと。

昨日、仙台から大阪に帰って来る時もそうだったんですが、飛行機に乗って、特に着陸態勢に入る少し前から着陸するまで、すごく怠くて眠たくなるということに気が付いたんですね。
意識していなかったんですが、どうもこれまでもそうじゃなかったかなって。

当たり前のことですが、飛行機は高度を変えて飛行しますので、途中気圧が変わるわけです。
これまで台風が来た時、大雨の時に体調を崩すのと同じ、あるいはそれより気圧の変化が大きい環境に置かれるわけです。
飛行機に乗った後、いつも頭や首が痛いなと感じていて、これまでは悪い姿勢で過ごしていたからと考えていました。

大阪に帰ってきて、寝どこも戻り、ゆっくり寝られたわけですが、それでもなんだか頭が重い気がします。
飛行機で移動することで、気圧の変化で自律神経に負担がかかっているということも十分考えられることです。

じゃあ、飛行機にはもう乗らない方がいいのか?という考えもあると思うのですが・・・

確かに症状が出ないようにするためには、症状の原因になっていると思われる行動は回避するというのも適切な選択です。
でもそうすると、行動に制限ができてしまう。

飛行機に乗るという行動が、未来永劫体調に悪影響を及ぼすとわかっているなら、できるだけ回避しようと考えますが、
そうは考えておらず、これまで回復してきたと同じように、少しずつ負荷をかけていくことで慣れていけることだと思っています。
そうやって将来にできる行動範囲を拡げて、あるいは維持していきたいというのが本音です。

逃げるのか立ち向かうのか・・・・
どちらが正解というのではなく、できそうかできそうでないか、そしてやりたいかやりたくないか?

そういう判断基準で、自分で選択していけばいいことじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



Comment 2

フクスケ

機内の気圧差で変な発作でも出ないかと不安です。何しろ東南アジアに行く予定があるのですが、マレーシアなら7時間フライトですからね。
到着後神経すり減らしてフラフラなんて事になりかねません

2019/01/21(Mon) 20:53

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> フクスケ さん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

ご存知な通り、不安障害というのは不安が不安を呼んで、どんどん悪い方向にいくというものです。
心配するなというのが難しいのはわかりますが、気にしないのが一番ですね。

無責任なことを言えませんが、飛行機に乗っている時間が悪いのではないように思います。
きっと、離陸、着陸といった変化が大きい時が負担なんだと思います。
だから東南アジア7時間でも、東京大阪1時間でも大きな差はありませんよ、きっと。

私も断薬してから何度か海外(台湾、シンガポール、ベトナム)へ行きましたが、大きく体調を崩したことはありませんでしたよ。(ただ、継続して悪いことはありましたが・・・)
楽しいことだけ考えて、行ってきてくださいね。

2019/01/21(Mon) 23:08

Edit | Reply | 

What's new?