Inventory of 2017 year gone by
2017年も押し詰まってきました。
なんとか大掃除も終了し、終わった感いっぱいで年末気分に浸っています。

さて例年、最後のブログ更新で、一年を振り返る総括を行っています。
少し早いですが、今年は年末年始に旅行に出かけますので、はやめに総括しようと思います。

今年最大の出来事、といいますか、復職後最大のピンチが今月の初旬にありました。
まずはじめに、それに触れないわけにはいきません(What to do first)。

断薬をしてそろそろ5年、復職してから2年半、まだこんなことがあるかと、自分でも驚きです。
予期不安と仕事上のストレスのために身動きが取れなくなって、不眠とともに物が食べられなくなり、再休職寸前まで追い詰められました。

幸運なことに、そこからほぼ回復しましたが・・・
振り返ってみれば、これまでも好調で日々を送っていたわけではなく、何らかの症状を抱えたまま働いてきたわけです。
ほとんどの出来事には慣れ、対応できるようになってきてはいますが、体調には波があり、波の下の方で強いストレスに晒されると、今でもこういったことが起きるということがわかっただけ良かったと思います。
油断していた自分に対して、「いい気になるなよ」と神様が諫めてくれたのかもしれません。

加えて、慣れてきたが上に、仕事を与える上司も、「こいつまだまだできそうじゃん」と思いがちで、そうなると仕事の負荷もどんどん増えていき、自分でもやりたいものだから、つい無理してでもやってしまいます。
目標を高くすることは悪くないことでしょうが、これまで以上に自己の状態を把握することが、これからの人生の課題になることを感じさせられました。

ほかには、年初から振り返ってみますと・・・・
最後にデカいのがガツンときましたから不安がありましたが、順調に回復していたためか、深刻なトピックスは少なかったように感じます。

睡眠などに関しては、良い状態のときが増えたので、逆に悪い時が気になるというか辛さが際立って感じたように思います。
季節の変わり目とかに不安定になっていたようでした(Every other dayNecure every other dayAnnual disorderSame as usualAcute deterioration)。
だいたい似たようなパターンで、寝られないわけではないんですが、夜中追い詰められるような夢で、寝汗を伴ってうなされて起きるという感じで、予期不安が辛いという課題は、ずっと付いて回りました。

結局は波があったということで、少ししたら回復するわけだから気にしないことが一番なんですが・・・
しかも3か月に一度というような頻度なんだから、その時だけは故意に負荷をかけないように気をつけろってことです。

予期不安や自律神経失調症といった、小さな発作は繰り返していましたので、その対策として「マインドフルネス」(Anchoring)や、「座禅」(Seat in a kneeling position)なんかに興味をもって調べたり体験したりしています。
効果はあるのでしょうが、どうも体調が良くなると身につかないというか、止めてしまって続きませんでした。
悪い時に急に試しても効果があるわけはなく・・・来年以降は、良い時にこういった活動を継続することが課題でしょうか?

ここまで書いてきて気が付いたのですが、
昨年までの不調って、筋肉由来といいますか、痛みやコリを伴うことが多かったように思います。
ところが今年の不調は、睡眠障害も予期不安も、なんと言いますか脳のある部分が異常に興奮している(Abscess)というか、炎症があって誤作動しているように感じ、それが自律神経の失調に繋がり、連鎖的に悪くなってように思います。
そう考えると私の闘病は、ベンゾジアゼピンの離脱症状といった課題から、違うステージに移ったのかもしれませんね。

さて、今年になって初めて、同様にベンゾジアゼピンを断薬し、その経験を活かして、未だに断薬できずに悩んでいる方々のために、MDAAという自助グループを立ち上げられた方々とお会いする機会がありました(MDAA)。
断薬を完了して5年、いつまでも「治らんなあ・・・」ではありませんが、症状ばかり注目してしまうと心折れてしまうこともあります。
でもここで同じ体験をした方とお話をさせていただき、みな、症状を抱えながらも一所懸命生きているということを実感し、ずいぶんと勇気をいただきました。

断薬すること自体はそれほど難しいとは思いません。
しかしその後継続して、こうやって様々な症状に悩み、時には再服薬し、時には仕事ができなくなり・・・
断薬を継続し、症状を受け入れて頑張り続けることは、本当に難しい・・・・
そのなかで、仲間で励ましあいながらだから頑張れることもあるのだと実感できました。

今年もいろいろな症状を抱え、完全復活とは言い切れない年ではありましたが、
こうやって挫折、復活を繰り返しながら、まだまだ成長・回復を実感できる一年ではありました。
来年は無理はしても無茶はせず、他人との比較や評価で頑張るのではなく、前に進んでいるという実感として自分が納得できるように成長できたらと思います。

さて、今年もブログを読んでいただきありがとうございました。

この一年は皆さまにとって如何な一年でしたか?
どなた様も、2018年は良い年になりますように。

来年も変わらぬお付き合いをお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment 2

鬼藤千春の日記・エッセー

ありがとうございます。

ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2017/12/30(Sat) 22:00

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: ありがとうございます。

> 鬼藤千春さん

こんにちは。
ただいま旅行中につき簡単なお返事ですみません。
こちらこそよろしくおねがいします。

2017/12/31(Sun) 20:59

Edit | Reply | 

What's new?