FC2ブログ
Perfectionism and Self-responsibility
今回、仕事上のストレスから余裕がなくなって、不安障害を含む体調不良に陥って休んだことは確かです。
しかし、今になって振り返ってみると、何がそんなに辛かったのか、自分でもよく説明できません・・・

職場に心優しい方がいて、メンタルで不調ということを聞きつけて、「仕事の悩みをどう乗り越えるか?」というような内容の書籍を貸してくださいました。
さわりだけ読んでみましたが、書いている内容は「まあ、そうだよね」とか「いつもそう心掛けているし・・」とか・・・
普段のときなら、当たり前にやっていることばかりで、あまり参考になりません。

というか、調子が悪いときにそういった考え方をできず、恐怖で動けなくなってしまうことが問題なのであって・・・
なぜそんな考え方に取りつかれるのか・・・今考えると不思議で仕方がない。

調子がいい・・・というか普通のときに、同じだけの量のストレスを負荷されてもあまり不具合を感じません。
何らか体調が悪い時にストレスがかからないように注意しなさいってことなんだろうけれど、
調子の波は自分ではコントロールしようがないので、だったらストレス・・つまり考え方の方を、
体調の良い時から遡って、ちょっと見直しなさいってアプローチもあるかもしれません。

先日、カウンセリングを受けたときに「なるほど」と腑に落ちたことがありました。

今回の不調から立ち直る過程で、自分なりにですが少し仕事の負荷を軽くして、しばらく様子を見るということをしました。
その事を、「少し怠けて、業務の手を抜いた」というような表現をして、カウンセラーの先生に伝えたんですね。
するとその先生に言われたこと、「あなたは手なんか抜いていないでしょう、完璧主義ですよね」と。

どういうことか?
例えば、私がA,B,C,Dという4つのタスクの仕事を持っていたとします。
「手を抜く」というのは、そのすべてのタスクにおいて、目標値も納期も無視して、「どうなってもいいわ」と放置すること。

私がした「仕事の負荷を軽く」というのは、4つのタスクのうち、Aだけは今の体調を加味して、仕方なく先送りにしようとする行為。
それは自分の意志で判断して、納得できたからしていること。
加えて、他の3つのB,C,Dのタスクはほぼ完璧にできているという自負があるから、心が安定しているんです。

そう指摘されて、「あ、その通りだ!」と思いました。
基本的には私は完璧主義で、(程度の高低は別にして)自分で設定した目標に達しているかいないかがかなり気になっていたんですね。

だから、ストレスの感じ方を変えるためには、よく言われることではありますが、できなかったことに対する恐怖、不安を払しょくして、ダメならダメで仕方がないと意識を変えることが重要なんでしょうね。
どうやったらそう変えられるのか? その方法論には全く当てがないのですが・・・・

それに関連することですが、私は完璧主義の上に自責が強い、字のごとく自分を責めてしまうから辛いってこともあります。
普段のとき、元気なときなら、自分に責任があるんだと考えることによって、自分を鼓舞してストレスをモチベーションに変えることもできます。

ベンゾジアゼピンを断薬するときも、自責感は後押しをしてくれたように思います。
もちろん処方した精神科医に対して怒りや憎しみもありましたが、「自分で選んだことだから」と自分に転嫁することで、「泣き言を言わずに自分でやるしかない!」と決意できたわけで、他人のせいにしていたら動けなくなっていたかもしれません。

こう考えると、完璧主義も自責主義も、良いところもある。
ただ当たり前のことで恐縮ですが、極端な考え方は見直しましょうということなんでしょう。

まあこんな風に心がけようと考え方を見直ししたとしても、普通のときは当たり前に考えられるけれども、悪い時にはそう考えるの無理ってオチかもしれませんが・・
スポンサーサイト

Comment 2

名前改め

おはようございます。
いつも読ませて頂いております。
この薬を服薬するに至った方々は
気質的に 完璧主義、頑張り屋、自罰的、繊細 etc…な傾向があると思います。加え 私はワーカーホリックでもありました。
やはり服用きっかけの主訴は不安障害で服用歴10年ですが、断薬により様々な症状出現と
できなくなった事があまり多く
その中でも最近特に感じることは
自分自身の心のキャパがかなり小さくなりほんの些細な事でパニクってしまう事です。失語や記憶障害もひどく薬による脳の誤作動を日々実感しながら何とか生活上のリハビリを心がけあがいています。
californiarocketさんのブログも
とても励みになっています。
私から見ると躍進的な?回復で羨ましく希望が湧いてきます。

考え方が少しでもいい加減(良い加減)になれれば楽になれるのかなぁ…

2017/12/24(Sun) 06:59

Edit | Reply | 

CaliforniaRocket

Re: タイトルなし

> 名前改め さん

こんにちは。

よく指摘されることように、完璧主義で頑張り屋で真面目・・・って自分で言うのも面映いですが・・・
そういう人がメンタル疾患を患って、クスリに頼るようになるってのは間違いないことなんでしょうね。
仕事を怠けるってことは大義名分がないんだけれど、クスリを飲むことは「医者」という権威が表明してくれるので、自分の中で大義名分ができちゃうんですよね。

結局、完璧なんてものを目指していたら、どこかに逃げ込まなきゃ行き詰るのは当然で、
クスリに逃げ込んでしまったってことに気が付いたことに対して、良かったと考えるしかないですね。

私のブログが励みになっていると言ってくださって、とてもうれしいです。
私自身もキャパが小さくなっているとは感じますが、反面、一昨年よりも去年、去年よりも今年になるにつれて、キャパが増えてきているようには感じます。

何気なく言われた言葉一つでショックを受けて、適切な対応ができなくなっていたことが、今では「はいはい、こうしましょうね」ってサラッとできることもあります。
何事も慣れと成功体験を積み重ねていくことですよね。

私もそうですが、今は「いい加減」になれなくても、少しずつ変わっていければなと思います。
またコメントくださいね。

2017/12/24(Sun) 20:56

Edit | Reply | 

What's new?