FC2ブログ
Independents
衆議院選挙の公示がはじまりました。

日本人は無党派層が多いといわれますが、投票する候補者は決められましたでしょうか?
無党派層が増加した理由にはいくつかの解説がありますが、政治に対する不信感によりどの政党も支持できなくなったという場合が多いのではないでしょうか?

同じく日本人には無宗教の人も多いと言われます。
政治の無党派と同じように、神の存在自信を信用していない、または宗教の教えを信頼しないから無宗教という人も多そうです。

ただ、何かの記事で読んだのですが、
  日本人は無宗教なんじゃない、医療教だ!
そう主張する、外国人の方がおられました。

私のように医療に不信を持っているものは別にして、
まず、医者の指摘は全面的に信頼されます。
血圧を下げる、血糖値を減らす、コレストロールを減らす・・・
そういった指摘に沿った行動をすることで救われる思いがします。

また、症状があって、それを軽減した薬があったとしたら、医者はともかくその薬は全面的に信頼する対象になります。
その薬に対して、他人がいくら否定しようとも、その意見を聞くことはほとんどないでしょう。
実際に自分の身に働いて効果を実感しているわけですから。
薬であったり、医者であったり、特定のものではないかもしれませんが、日本人は医療を過度に信頼し依存する人が多いかもしれませんね。

医療の従事者が政党を立ち上げて、各々の利益のために主張する。
「日本精神医療党」、「ベンゾジアゼピンの党」、「透析の会」なんてね。
そうしたら、無党派層が減って盛り上がるんですかね?

んー、くだらない内容になってしまいました。
でも、どういう勢力図になるのか、一度見てみたい気もします。

私はそれでも無党派層ですけれどね。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?